BMW330i修理

BMW 330i E46 DSC警告灯点灯修理 プレッシャーセンサー交換

DSCF0785

BMW 330i E46 DSC警告灯点灯にてご入庫です

走行中に突然点灯し、それ以来消えないとの事

それでは早速ピットにて点検から進めます

DSCF0784

メーターにはブレーキ系の警告灯である「!」の警告灯と横滑り防止機能の

警告灯(リサイクルマークの様なもの)が点灯しています

BMWではABS・トラクションコントロール・横滑り防止を複合してDSCと

言いますので結果的にはDSC警告灯という事になります

DSCF0795

警告灯修理ですので早速テスター診断から進めていきます

テスターにて車輌の各コンピューターと通信するとDSCのコントロールユニット

にはブレーキのプレッシャーセンサーのエラーが入力されていました

実測で確認しても数値がおかしな値を示していましたので今回はこちらが

原因ですね!

 

話はちょっとズレますが、写真のテスターは汎用機です

タブレット型のコードレスなので診断しながらエンジンルーム、室内等

自由に移動できるので便利です!

当店には純正の診断機もあります

こちらは純正のマニュアルや各データ等も一緒になっているのですがノートPC型

なので機動性は悪いです・・・

なのでサクサク診断する場合は汎用機、じっくり腰を据えて診断する場合は

純正機という様に使い分けています

 

DSCF0787

ブレーキプレッシャーセンサーはブレーキべダルを踏んで時に発生する

油圧を測定しているセンサーになります

E46ではかなり多いトラブルですね!

 

それでは交換を進めていきますが、交換がちょっと大変になります

写真様にエンジンルーム奥、赤矢印奥に取り付けられています

DSCF0788

更に覗き込んだ写真です

矢印部がそれぞれセンサーになります 油圧回路が2系統ありますので

それぞれ1個づつセンサーが取り付けられています

センサーの上にはパイプ類が多数通っていますのでそのままの状態では

工具はおろか手を入れる事もできません

DSCF0791

DSCF0793

邪魔なパイプ等を取り外し、センサーを取り外します

今回直接原因だったセンサーは1つですが、もう1つも同じセンサー、

同じ利用頻度で動いていますのでもう1個の方も故障は時間の問題です

ですので今回は壊れていない方と合わせて2個とも交換を行います

センサー交換時にはブレーキフルードが必ず抜けてしまうので

作業後はブレーキ液も交換、エア抜き作業が必要になります

こういった部分も同時に行えば重複する工賃の分はお得に出来ますよ!

DSCF0796

DSCF0797

センサー交換後、テスターにてエラーを消去 実測値モニターで適正な

値が出ているのを確認すれば作業完了です

無事メーター上の警告灯も消えました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.