HOME > 整備レポート > トヨタ修理 > トヨタマークX修理
 

トヨタマークX修理

トヨタ マークX 足廻り異音修理 リアショック中古交換

DSCF0561

トヨタ マークX 足廻り異音にてご入庫です

症状としては路面の段差などで後ろ側からゴトゴトという様な異音が

不定期に出るとの事

それではピットにて診断から進めます

DSCF0562

お車をリフトアップし、後ろの足廻りを中心に診断していきます

足廻り各部を点検していくとリアショックアブソーバーからの

オイル漏れを確認する事ができました

写真赤丸部、濃い黒色になっているのは漏れたオイルに砂などが混じり

ヘドロ状の状態になっている部です

エンジンオイル漏れ等とは違い、元々ショック自体に入っているオイルの

量が少量ですので、滴る様に漏れるのは稀で殆どは写真の様な

状態になります

DSCF0564

続いてショックアブソーバー下からの写真です

写真では黒々して逆にキレイに見えてしまいますが、上の写真と

同様にオイルと砂等が混じったもので綺麗にコーティングされている様

な状態です

 

ショック本体のオイル漏れの場合、修理はショックアブソーバーの

交換が必要です

しかしショック本体はなかなか高額なパーツになります

そこで今回は金額を抑える為に中古パーツを使用し修理を進めます

 

※足廻りの中古パーツは年式相応の劣化があります。その為修理後に

同様に劣化症状を起こすことも考えられます

この辺りはお客様の今後の使用状況やお車の乗り換えプランなどを

踏まえた上でご相談させて下さいね!

DSCF0583

DSCF0584

酷く漏れていたのは左側でしたが、右側にも少量ですが同じように

漏れがありましたのでどちらも中古パーツにて交換修理を行います

 

中古パーツの方はどちらもまだ全くオイル漏れしていません

上の漏れている写真と見比べて頂くと違いは一目瞭然です

 

左右ともショック交換を行えば作業完了です

無事に気にされていた異音も出なくなり、全体的なフィーリングも

復活しました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.