スバルレガシィ修理

スバル レガシィ メタルキャタライザー持込み取り付け

DSCF0057

スバル レガシィ メタルキャタライザー(触媒)交換にてご入庫です

今回パーツはお客様の方でお持込みにて対応します

それでは早速ピットにて取り付けを進めていきます

DSCF0059

スバルの水平対向 EJ型エンジンは排気の造りが少し変わっており、

キャタライザー交換は少々大変です

下作業としてエンジンカバー、インタークーラー等を取り外してからの

作業になります

写真では丁度矢印辺りが今回交換する触媒の入り口になり、エンジン上から

下からそれぞれ作業を行います

DSCF0060

外した純正キャタライザーです

運転席の前にあるタービンから車体下にあるマフラーまでを繋げるので

写真の様に大きくカーブした一本物になります

DSCF0061

こちらが今回交換するメタルキャタライザー

勿論、排ガス検査にパスした車検対応品です

O2センサーの取り付け口や取り付けステー等も純正同等ですので、全て

問題なく取り付けOKです

DSCF0064

ただ、遮熱板だけはノーマルが使えませんので、こちらもお客様の方で

サーモバンテージをお持込み頂きました

先にキャタライザーの部分に巻き付けいきます

DSCF0066

キャタライザーを車両に取り付け、インタークーラー等を元に戻せば

作業完了です

排気漏れが無い事を確認してからご返車させて頂きました

パーツ持込み修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2022’ kobayashi- motors All Rights Reserved.