HOME > 整備レポート > ホンダ修理 > ホンダフィット修理
 

ホンダフィット修理

ホンダ フィット リアブレーキ引きずり修理 キャリパーオーバーホール

IMGP2184

ホンダ フィット リアブレーキの引きずりにてご入庫です

引きずりも酷い症状で走行するとブレーキローターが赤く焼けてしまうとの事です

まずはピットにて診断から進めていきます

IMGP2185

お車をリフトアップしタイヤを浮かせて、手で空転させ引きずり具合を

各車輪でチェックしていきます

各タイヤをそれぞれチェックすると右後のブレーキがかなり酷く固着を

起こしていました

IMGP2187

IMGP2189

今回は固着しているキャリパーをオーバーホールする事で修理します

ブレーキキャリパーを取り外し、分解し内部を洗浄していきます

キャリパーを分解するとやはり内部で錆を確認する事が出来ました

写真赤矢印部に錆が出ているのが分かると思います

 

ブレーキキャリパーはダストブーツと呼ばれるゴミや水分の浸入を防ぐ

保護ゴムがあります

それが破れたり劣化する事で内部にゴミや水分が侵入し錆が発生します

錆が発生してしまうと今回の様な引きずり症状や逆に効かなくなる「片効き」

を起こしてしまいます

 

オーバーホールですので分解後は内部の錆を落とし、綺麗に洗浄した後

ゴムパーツを新しくして再び組み付けを行います

IMGP2191

今回はブレーキパットも酷い引きずり症状を起こしていた為、異常摩耗して

しまっていました

ですので今回はブレーキパットも同時交換を行います

最後に新たにブレーキフルードを充填して作業完了です

無事引きずりも無くなり、スムーズな走りになりました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.