BMW525i修理

BMW 525i E61 冷却水漏れ ウォーターポンプ交換修理

IMGP2126

BMW 525i E61 冷却水漏れにてご入庫です

お車はメーター上にも冷却水レベル警告灯が点灯しており、

車の下からもポタポタと冷却水が垂れています

またエンジンからはパタパタ・バタバタというような異音も発生しています

何れにしろ、まずはピットにて原因の診断から進めていきます

IMGP1650

エンジン各部を診断していくと原因発見です

写真はエンジン前部、補器類の写真ですが、基準となる赤線と見比べると

青線のウォーターポンプが曲がっているのが分かると思います

通常はファンベルトが掛かり回転している所ですので、赤線と平行に

なってなければいけません

ということでウォーターポンプ破損確定です!

冷却水もこの破損したウォーターポンプからダラダラとかなりの量が漏れていました

IMGP1652

また異音の原因はファンベルト切れによるものでした

故障の流れとしてはウォーターポンプが破損し、正常に回転しなくなったことで

ファンベルトに負荷がかかりファンベルトが断裂、切れた破片で

エアコンベルトも損傷を起こしていました

IMGP2130

お客様にお見積りと状況を確認して頂き、ご了解を頂きましたので修理

を進めていきます

まずは根本の原因であるウォーターポンプの交換です

外して確認すると破損の状態がよくわかります

先ほどと同じように土台に平行な赤線に比べて、回転部分の青線がずれている

のが分かると思います

軸のベアリングが破損している為このような状態になっています

IMGP2137

OEM(社外パーツ)のウォーターポンプと交換を行います

今回は更にウォーターポンププーリーも交換です

こちらもベルトが外れて暴れた事で樹脂製のプーリー自体も割れてし

まっていました

IMGP2143

IMGP2132

IMGP2129

今回はウォーターポンプからの冷却水漏れとは別件ですが、

サーモスタットからも冷却水漏れを起こしていましたので同時に交換します

写真赤丸部分から漏れている跡が見て取れると思います

IMGP2145

最後に切れてしまったファンベルトももちろん交換します

写真でも分かる通り、糸の様に細切れになってしまっています

ファンベルト、エアコンベルトどちらも切れてしまったので計2本の

交換を行いました

 

作業完了後、新たに冷却水を充填していきます

漏れと異音がしっかり直っている事を確認してご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.