BMWM5修理

BMW M5 E60 SMGクラッチ交換

IMGP1462

BMW M5 E60 SMGクラッチ交換にてご入庫です

SMGはいわゆるセミA/Tで、BMW系の呼び方になります

フェラーリでは「F1マチック」ランボルギーニでは「eギア」マセラティでは

「カンビオコル」サ等それぞれの名称で呼ばれていますが、マニュアルミッション

ベースのA/Tという点では全て同じシステムになります

 

このM5のミッションも基本的にはマニュアルミッションベースですので

通常のマニュアル車の様にクラッチ交換作業を必要になります

IMGP1460

早速ピットにてリフトアップ、交換作業を進めます

下から車を覗くと流石はM5!

下廻りもスーパーカーと同様の造りこみです

写真の様にマフラー以外は全てフラットにカバーがなされています

IMGP1451

マフラー、アンダーカバー、遮熱版等を前から後ろまで分解し、やっと

ミッション本体を見る事ができます

写真では手前に写っているのがミッション本体です

IMGP1449

IMGP1439

その後も作業を進め、SMGミッションを完全に外しました

SMG作動ユニット以外は本当に通常のマニュアルミッションと変わりません

ミッションのメーカーは日本ではチューニングカーなどではお馴染みの

ゲトラグ製です

IMGP1437

IMGP1445

今回交換したクラッチディスクです

500PSを受け止める為に純正でツインプレートが採用されています

またディスク面を点検してみると取り付けリベットまで残り0.5mm以下です

丁度交換時期でした!ディスクも完全に摩耗してしまい、「滑り」を起こしてしまうと

フライホイールまで焼きが入ってしまい交換する必要が出てきてしまう事もあります

メンテナンス全般そうですが、早めの修理が安く上げるポイントです!

IMGP1446

今回はレリーズベアリングも同時交換を行います

一般的なメカニックなら誰でも出来るクラッチ交換作業ですが、SMGは

そうはいきません!

ベアリング廻りのグリス塗布部分からクラッチの締め付けトルク、

バランス取りされたクラッチの取り付け位置までマニュアルには

各部細かい指定が多数あります

この辺りのメンテナンスには純正マニュアルが必須ですね!

これまでの「当たり前」でやってしまうと不具合やパーツの破損を平気で

起こしてしまいます

IMGP1455

クラッチ組み付け後、ミッション等を全て戻せばメカ部分の交換作業は

完了です

ですが最後にもう一仕事!テスターにてクラッチの初期設定と学習を行います

クラッチ操作を電子制御で行うのでクラッチ交換後にはこの設定作業を必須です

初期学習が終われば本当に作業完了!

最後に異常が出ていない事を確認しご返車です

SMGのクラッチ交換は純正テスター完備の当店にご相談下さい!

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.