HOME > 整備レポート > レクサス修理 > レクサスLS460修理
 

レクサスLS460修理

レクサス LS460 ヒーター不良修理 サーモスタット交換

IMGP0747

レクサス LS460 ヒーターの調子が悪いとの事でご入庫です

症状としては通常走行中はヒーターがちゃんと効きますが、信号待ちなので

停車時間が続くと徐々に温風がぬるくなってしまい、やがて全く温風が出なく

なってしまうとの事です

早速ピットにて診断作業を進めていきます

IMGP0749

レクサスの場合は診断するにも修理をするにも、まずはこの全面に覆われた

エンジンカバーを外していきます

IMGP0750

カバー類を外すとようやくエンジン本体が見えてきます

それでもエンジン自体もかなり詰まっていますね!

IMGP0766

自動車の暖房機能は基本的にエンジンの冷却水の熱を使って温風を生み出して

います

ですのでヒーターの診断でも、冷却水回路を中心に診断を行います

診断の結果判明した原因は写真赤丸部に見えるサーモスタットと呼ばれる

パーツです

写真は交換後なので、ちょうど綺麗に見えるパーツがサーモスタットになります

IMGP0762

交換したサーモスタット

サーモスタットは冷却水の温度を調整するパーツで、今回はこれが不良に

なってしまった為、冷却水の温度が異常に下がり、結果としてヒーターも

利きが悪くなっていました

 

サーモスタット交換後、新たに冷却水を充填し作業完了です

もちろんしっかりヒータの利きも回復しました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
リサイクルパーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.