スバルレガシィ修理

スバル レガシィ タイミングベルト・ヘッドカバーパッキン交換

IMGP0891

スバル レガシィ タイミングベルト交換等のメンテナンスのご依頼にて

ご入庫です

内容に関しては事前のご相談で全てまとまっていましたので、早速ピットにて

作業を行います

IMGP0897

タイミングベルト交換を進めるには、まずは前廻りの分解からです

ラジエター等エンジン前部のパーツを取り外し、タイミングベルトを交換する

作業スペースを確保します

IMGP0914

タイミングベルトケースも取り外し、タイミングベルト本体を外します

更にウォータポンプやカムプーリー等も全て取り外しを行いますので、

エンジン本体の形が見えてきますね!

IMGP0918

IMGP0916

IMGP0923

スバルの水平対向エンジンではお決まりのオイル漏れ箇所である

ヘッドカバーパッキン(タペットカバーパッキン)も今回は同時に

交換作業を行います

水平対向エンジンですので左右バンクにそれぞれヘッドカバーがあります

もちろん左右セットで交換を行います

IMGP0927

今回はお持込みにてスパークプラグも同時交換をおこないます

水平対向エンジンではプラグ交換もやや手間が掛かる作業!

こういったタイミングで一気に交換してしまうのがお勧めです

IMGP0928

写真に写るのがタイミングベルト廻りのプーリー類です

左右バンクをつなぐようにタイミングベルトが掛かっていますので

プーリー類も多数使用しています

今回はこのプーリー類以外にもウォーターポンプ、カムシール、クランクシール等

を一式セットで交換していきます

IMGP0929

各部を新しいパーツに交換しエンジン全体を一気に組み上げていきます

最後に冷却水を新たに充填、オイル漏れ等を確認して作業完了です

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2022’ kobayashi- motors All Rights Reserved.