HOME > 整備レポート > トヨタ修理 > トヨタエスティマ修理
 

トヨタエスティマ修理

トヨタ エスティマ パワステ異音 パワステオイル漏れ修理

IMGP0707

トヨタ エスティマ パワステ異音にてご入庫です

症状としてはハンドルを切るとウィーンウィーンという異音がし、

またハンドルも少し重くなってしまっています

典型的なパワステ系の異常症状ですね!

早速ピットにて診断を進めます

IMGP0704

リフトアップし診断を行うと、早速パワステオイル漏れを発見しました

パワステは油圧によって作動しますので、パワステオイル漏れが発生すると

このお車の様に異音や操舵力の低下が起こります

 

漏れ箇所はエスティマ、アルファード系で定番のオイルクーラーへのホースです

エスティマ等ではなかなか多いトラブルです

写真でもフレーム部がテカテカしているのが見えると思いますが、これらは全て

漏れたオイルによるものです

IMGP0706

修理は漏れを起こしていた、S字のホースを交換すればOK

ホース一本、安いパーツですので漏れたらすぐ交換がお勧めです

漏れたままオイルが足らない状態が続いてしまうと何れポンプ本体まで

壊してしまう可能性もあるので早期修理が大切です!

 

ホースを新品に交換し、新たにパワステオイルを充填して作業完了です

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 
千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.