スバルレガシィ修理

スバル レガシィ パワステ異音修理 パワステポンプ交換

IMGP0667

スバル レガシィ BP5 パワステ異音にてご入庫です

症状としては冷間時にハンドルを切ると「ミューミュー」といった様な異音がします

インプレッサ・レガシィに非常に多いトラブルです

IMGP0674

この異音の原因は殆どがパワステポンプ本体からによるものです

パワステポンプはファンベルトによって駆動され、

パワーステアリングで使うための油圧を作り出す為に取り付けられています

写真では交換後なので綺麗ですが、赤丸部分がパワステポンプになります

現在の車ではすっかり油圧を使わない電動タイプが主流になっていますが、

輸入車や2000cc以上の車では現在でも使われているケースもあります

IMGP0668

IMGP0669

お見積りをお客様にご確認頂き、ご了解を得ましたので修理を進めていきます

水平対向エンジンですのでエンジン一番上にポンプは取り付けられていますが、

それでも交換は多少手間が掛かります

 

修理自体は小林モータースおススメのリビルトパーツにて交換修理を行います

IMGP0673

取り外したパワステポンプ

音の原因はポンプ内部の劣化が原因ですが、センターの軸より結構な

オイル漏れも同時に起こしています

 

この様に異音の原因やオイルも起こし易いパワステポンプですので中古パーツを

使用すると直ぐにまた故障してしまった。という事もありまえす

ですので中古より少し値段は高いですが中古再生品のリビルトパーツの方を

お勧めしています!

IMGP0675

交換後、抜けてしまったパワステオイルを補充して修理完了です

異音も無くなりましたし、ポンプとしての性能も復活しましたので

ハンドルの操舵力も軽くなりました

 

ここのところ同様の症状のレガシィ・インプレッサが立て続けにご入庫頂いています

お困りの方はお気軽にご相談ください!

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2022’ kobayashi- motors All Rights Reserved.