HOME > 整備レポート > ニッサン修理 > 日産ルークス修理
 

日産ルークス修理

日産 ルークス A/T不良修理 中古ミッション乗せ換え

IMGP0295

日産 ルークス オートマ不良にてご入庫です

お車の症状としてはカーブで減速した後、カーブを曲がり終え再加速する時に

ジャダー(車体全体が揺れるような振動症状)が出るとの事です

早速診断作業を進めた結果

消去法になりますが、オートマオイル、その他制御系も問題なく

オートマ本体の原因が濃厚です

IMGP0243

今回はお客様の方でメンテナンス保険に加入されていたので保険にて修理行います

保険会社との打ち合わせの結果、中古のCVTミッションへの乗せ換えにて修理します

 

早速作業を進めていきます

近年の軽自動車ですと、車内空間を広げるために限界までエンジンルームがタイトに

設計されていますので、ミッション交換でもまずはエンジンとミッションを

セットで降ろしてからミッション単体の交換になります

 

まずはフロントバンパー等外装パーツを外していきます

IMGP0245

またエンジン下のフレームごと降ろしますのでブレーキ廻り等も先に取り外します

エンジン、ミッションの各部接続部を切り離し、実際にエンジンを降ろしていきます

IMGP0252

エンジンを降ろすと表現していますが、実際にはエンジンを下に固定し

車体をリフトアップし「車体を上に抜く」という方法です

IMGP0255

各部のクリアランスを見ながら慎重に分離させていきます

横からの写真ですが徐々にエンジンが見えてきました

IMGP0259

完全にエンジン・ミッションが降りた状態です

写真はエンジンを正面から見ている写真ですが、

青矢印部がエンジン

赤矢印部がミッションになります

今回の修理はミッション交換なので赤矢印部を丸ごと交換します

IMGP0257

エンジン・ミッションが外れた車体です

下から見上げた写真ですが、エンジンルームがすっかりカラッポになりました

IMGP0277

修理作業の方はエンジンとミッションを分離させ、新たなミッション

を組み付けます

IMGP0301

写真は交換したミッションです

元々走行距離の少ないお車ですので古い方と言えど綺麗です

組みあがったエンジン・ミッションを車両に搭載し、

エンジン脱着時に抜けてしまう冷却水、オートマオイル等油脂類を

新たに充填し作業完了です

ご依頼だったジャダ―症状も完全に消え、無事修理完了です

 

国産車、輸入車問わず、重整備もお任せ下さい!

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休

 


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.