HOME > 整備レポート > 輸入車修理 > BenzE350修理
 

BenzE350修理

メルセデスベンツ E350 W212 エンジン警告灯点灯修理

DSC_0103

メルセデスベンツ E350 W212

エンジンチェックランプ点灯にてご入庫です

自覚できる症状は特になく、加速や吹け上がりも問題ないとの事、

何れにしろ原因を究明しないと進みませんので診断作業から行います

IMGP8357

やはり特に調子は悪くありませんが、しっかりとメーター内には

エンジン警告灯が点灯しています

調子が悪くなくても、車輌的には何かしら訴えたい不具合がある為点灯して

いるので、テスター診断機を接続し車両の情報を読み出します

IMGP8359

テスターにてエンジンコンピューター内のエラー情報を確認すると

「エンジンに入る空気とガソリンのバランスがおかしい」

とのエラーが入力されていました

しかしこのエラーコードですと、示しているのはあくまでの不良の「現象」

であり、「原因」ではありません

直接の原因を見つけ、修理しなければ当然警告灯も消えません

テスターは万能ではなく、あくまでも診断の補助をする道具!

ここからはやはり人の手での診断が必要になってきます

IMGP8344

その後はエンジン各部の実測値や各単体点検を行い原因を絞っていきます

 

診断の結果判明した原因はエンジンに入る空気量を測定する

「エアマスセンサー」と呼ばれるパーツです

IMGP8342

円柱状のパイプの様なパーツが今回交換するエアマスセンサーです

ベンツに限らず輸入車では定番の故障個所になります

IMGP8360

センサー交換後、再度テスターにてエラーを消去

その後再びエラーの入力がない事を確認して作業完了です

 

今回は自覚症状が無い故障でしたが、エアマスセンサーの故障は様々!

チェックランプ点灯のみから、アイドリング不良、加速不良等

を起こす場合もあります

警告灯診断は各種純正テスター、汎用テスター完備の当店まで!

お問合せお待ちしています

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.