BMW325i修理

BMW 325i E90 ドア雨漏れ・室内水濡れ修理

imgp9558

BMW 325i E90 雨漏れ修理にてご入庫です

現車は助手席側の足元のマットがグショグショに濡れてしまっています

それでは早速診断作業に入ります

まずはどこから雨が侵入しているかを特定するのが最優先です

雨漏れ修理の場合この診断が一番肝心、かつ時間を要する作業になります

車に水を掛けてはチェックし、水を掛けてチェックしを繰り返し、水の浸入経路

を特定していきます

imgp9555

診断の結果、助手席側フロントドアの下部より雨が侵入しているのを

発見しました

写真赤矢印のドアとドア内貼りの隙間から水が垂れてきます

imgp9550

現在はドアが開いている写真ですが、ドアが閉まっていると

ドアから漏れた雨水が赤矢印の部分を伝い、車室内に侵入してしまいます

その結果、助手席側の雨漏れに繋がっていました

今回は発見しやすい箇所からでしたので簡単に確認する事が出来ましたが、

これが内装の中やボディーの隙間から漏れを起こしていると診断自体も

かなり大掛かりになってしまいます

imgp9553

原因が判明しましたのでお客様にご報告、ご了承を頂き修理に入ります

ドアからの雨漏れでしたので、まずはドア内貼り(ドアトリム)を

取り外していきます

imgp9552

ウッドパネル等を取り外し

imgp9549

ドアトリム全体を外すと防音・防水用のインシュレーターが見えてきます

写真のドア全体に取り付けられているグレーのスポンジ材の部分です

E46系、E90系ではこのインシュレーターからの雨漏れが非常に多いトラブルです

特殊なノリで取り付けられているこのインシュレーターですが、経年劣化

によりノリが剥がれてしまい剥がれた隙間から雨漏れを起こします

imgp9551

確認するとやはりノリが剥がれとれてしまっていました

今回はパーツ交換を行わずに、インシュレーターを再接着し修理完了です

最後に室内の水気を乾燥させ、再度雨漏れチェックをし作業完了です

 

BMWに限らず、雨漏れは輸入車に多いトラブルですが、そのまま放置すると

内装類にカビやニオイが発生してしまったり、フロア床面に設置してある

コンピューターや配線が水によりショートや破損を起こすケースもあります

何れにしろ早めの修理が二次被害を出さず、安く済ませるポイントですね!

各メーカー雨漏れ修理もお気軽にお問合せ下さい

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.