HOME > 整備レポート > トヨタ修理 > トヨタカローラフィールダー修理
 

トヨタカローラフィールダー修理

トヨタ カローラフィールダー ABS誤作動修理

imgp7887

トヨタ カローラフィールダー ABS誤作動するとの症状でご入庫です

テストドライブを行うと確かに信号待ちなので減速していくと、

最後にガガガッとブレーキペダルに振動が来てABSが作動しました

勿論タイヤがスリップする様な状況ではありません

ピットに戻りテスター診断をかけてエラーの入力を確認しましたが

エラーコードはありませんでした

imgp7889

ですがテスターはただエラーを確認する為だけのものではありません

実測値と言って今現在の車の各センサー値等をリアルタイムで見ること

が出来、そこから原因を絞っていく診断方法もあります

各所実測値診断を行った結果、原因を絞りこむ事が出来ました

写真はABS制御で最も大切な情報である各車輪の回転数を計測する

センサーの実測値です

写真には4つグラフがあると思いますが、上から右前タイヤ、左前、右後、

左後の順で並んでいます

それぞれタイヤが回転=スピードが発生すると数値が上がっていきます

もちろん直進で進んでいる状態であれば4輪とも同じ回転数=スピードのはず

ですので、グラフの形は同じでなければなりません

写真の赤矢印部に注目すると他の3つのグラフとは多少形が違い、急に立ち上がって

数値が減少するときには急に数値が落ち込んでいるのが分かると思います

これは右前の回転センサーが極低速域を測定できていない事を意味します

このセンサー値を元に車両はABSを制御しますので、ブレーキング時に右前の

センサーの数値が出なくなれば車輌のコンピューターは右前が突然ロックした

と考えますので当然ABSを作動させてしまいます

今回は上記の原因でABSの誤作動を起こしていました

imgp7934

ここから更に原因を絞り込んでいきます

現状はセンサーの数値が悪いという部分が判明しただけですので、

ここから実際に原因になってる箇所を探していきます

右前のタイヤの回転数センサーを外して確認するとセンサーにサビが

大量に付着し、センサーの反応が悪くなっているのを発見しました

これで原因が本当に確定です

imgp7936

imgp7938

センサー自体には異常はありあませんでしたので、サビを落としてみると

センサーの値はしっかりと復帰しました

しかし写真でも分かるようにブレーキ廻りにはサビが大量発生して

しまっています

これでは直ぐにまた新たなサビが付着し同じような状態が再発する

可能性が高いです

そこでブレーキ廻りを分解し、内部のサビを出来る限り除去します

imgp7940

ブレーキローターはサビが非常に酷かったので今回交換を行いました

またブレーキパットは丁度よく残量が無かったので同時交換です

上記の通りサビの付着が原因でセンサー自体は特に異常ありませんでした

のでセンサーはそのまま再利用します

ブレーキ廻り組み付け後、再度テストドライブを行い、

ABSの誤作動が無い事を確認して作業終了です

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.