ホンダストリーム修理

ホンダ ストリーム リアブレーキ引きずり キャリパーオーバーホール修理 松戸市

ホンダ ストリーム リアブレーキ引きずり修理にてご入庫です

こちらのお客様はいつもご利用頂いており、他の作業でご来店した際に

タイヤを取り外そうとした時に一本だけタイヤ・ホイルが熱々になって

いました・・・!

そこで追加で診断した所後ろのブレーキが大量の錆によって動かなくなって

いて引きずりを起こしていました・・・

そのままですと大変危険ですのでお客様にご説明し、早急にパーツを取り寄せ

今回修理をさせて頂きました!

こちらがリアのブレーキ周りになります

見てみるといたるところに錆が付着しています

特に写真赤丸部はピストンと呼ばれ、これが前後に飛び出たり引っ込んだり

することでブレーキの作動を司っています

これが今回の様に錆で動きが渋くなってしまうとブレーキが掛かったままの

状態=引きずりを引き起こします

修理はブレーキキャリパーを分解、清掃するオーバーホール作業になります

 

まずはブレーキキャリパーを取り外し、分解をします

写真は取外したピストン!新品と比べると錆がたくさん付着しています

 

軽度の錆であれば清掃する事で再利用できますが、ここまで酷くなってしまう

と再利用は不可です・・・

「もしも」があると命に直結する部分ですので素直に交換です!

外したキャリパー側のきっちり仕上げていきます!

こちらも同様に中の錆がありますので超音波洗浄とブラシなどを使用し

てきっちり錆を落としていきます

 

写真のようにピカピカになったところで新しくゴムのパッキン類を組み付けていきます

引きずりはブレーキキャリパーで発生する問題ですが、2次トラブルとして

ブレーキパッドとディスクローターにも影響がでます

 

早い話が1輪だけずっとブレーキをかけた状態で走っている訳ですが、

ブレーキパッドがまず摩耗します

またブレーキパッドが当たるディスクローターも同様に異常摩耗や当たりが

悪くなり一部分だけが異常に錆びたりします

今回は引きずりの状態が酷かったこともあり、ブレーキパッド、ディスク

ローターどちらも交換が必要になりました!

 

オーバーホールしたキャリパーを組み付け、新たなブレーキパッド、ディスク

ローターを取付け、最後にブレーキフルード交換及びエア抜きを行えば作業完了!

 

最後にテストドライブをしてブレーキパッドに当たりをつけてご返車しました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2022’ kobayashi- motors All Rights Reserved.