スバルレガシィ車検

スバル レガシィ 車検 パワステポンプリビルト交換 松戸市

スバル レガシィツーリングワゴン BP5 車検(法定24ヶ月点検)にて

ご入庫です!

購入してからまだ一年しかたっておらず実績の多い当社にご相談頂き、

ご入庫頂きました

小林モータースの車検は国が定めた法令24ヵ月点検項目79箇所に、当社

オリジナルの点検項目135箇所を加えた計214箇所がチェック項目になります

 

ただ単純に車検が通ればOK!という考え方でなく、当社では車の健康診断

・総合メンテナンスの機会と考えています

勿論、だからと言って「アレもコレも交換です」ではなく、使用状況や劣化の

優劣等から優先順位を決めてメンテナンスのご提案を行います

 

診断はピットにてリフトアップ後、アンダーカバー等を外してからスタート

エンジンからブレーキ関係、足廻りなど隈なく診断していきます

ブログですので点検とメンテナンスが同時になってしまいますが、実際

には一通り診断後、お見積りを作成、お客様とお打合せ後、修理作業を

進めていきます

 

まずはエンジンから診断していきます

エンジンルームを隈なく診断したところ写真赤丸部のパワステポンプから

オイル漏れを発見しました!

オイルが漏れていると空気が混入し、ハンドルを動かした時に

「ミャーミャー」と異音がするようになります

他にもハンドルの動きが重くなり運転しにくくなってしまいます

お客様に御見積をお伝えし、作業に移っていきます

取外したパワステポンプですが、オイルの付着した部分が埃やゴミで

黒く汚れています

今回も当社でおなじみのリビルトパーツ(再生中古パーツ)を使って

修理していきます

 

今回はホースも固くなっていて差込口よりにじんでいましたので一緒に

交換していきます

リビルトのパワステポンプを組み付けていきます

またパワステポンプを駆動する為のファンベルトもだいぶ山がすり減って

いましたので一緒に交換しました

パワステポンプを交換する際に外す工程がありますので、工賃的には掛からず

僅かですがお得なポイントです!

 

ファンベルトもエンジンが動いている間は常に動いていますから車検時

には要チェックです!

組付け後に張りをいい感じに調整して完了です!

最後にエンジンオイルやブレーキフルード等油脂類の交換、各部増締め、

調整等を行い車検整備完了です

新たに車検を取得しご返車させて頂きました

車検の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2022’ kobayashi- motors All Rights Reserved.