HOME > 整備レポート > スバル車検・点検 > スバルインプレッサ車検
 

スバルインプレッサ車検

スバル インプレッサ 車検 ブレーキパッド・ローター交換

P1

スバル インプレッサGH8車検(法定24ヶ月点検)にてご入庫です

小林モータースの車検は国が定めた法令24ヵ月点検項目79箇所に、当社

オリジナルの点検項目135箇所を加えた計214箇所がチェック項目になります

P2

ただ単純に車検が通ればOK!という考え方でなく、当社では車の健康診断・

総合メンテナンスの機会と考えています

勿論、だからと言って「アレもコレも交換です」ではなく、使用状況や劣化の優劣等

から優先順位を決めてメンテナンスのご提案を行います

 

診断はピットにてリフトアップ後、アンダーカバー等を外してからスタート

エンジンからブレーキ関係、足廻りなど隈なく診断していきます

 

ブログですので点検とメンテナンスが同時になってしまいますが、実際には一通り

診断後、お見積りを作成、お客様とお打合せ後、修理作業を進めていきます

P3

こちらのインプレッサはいつもご利用頂いているリピーター様です

前回の12ヶ月点検の際にブレーキを踏んだ時のキーキー音が気になると

ご相談を受けており、ブレーキローターの摩耗を指摘させて頂きました

ただその時はブレーキパッドの残量がありましたので「次回の車検の際に交換

しましょう」とご提案しておりました

今回改めた車検でご入庫いただきましたので今回こそ交換させて頂くことに!

では交換作業を始めて行きます!

P4

ブレーキパッドとキャリパーを取り外したところです

赤丸部分がブレーキローターのヘリの部分になります

この部分はブレーキパッドがこすりあっていて当たり面がすり減ることによって

段差が出来るのです

この段差が大きくなると異音の原因になります

P5

P6

新旧比較になります

今回ご用意したのは耐熱塗装済みのローターですので見た目がグレーっぽく

見えると思います

このまま走行するとブレーキパッドが当たる面だけキレイに塗装が剥がれますので

逆にブレーキパッドが当たらない面の塗装はそのまま!

今回ヘリ立っていたエッジ部分や断面の部分、カップと呼ばれる中央部分等は

ブレーキパッドがあたらない部分ですので純正のようにサビが出ず、ずっと綺麗なままです

私自身もそうですが、車好きからすると結構嬉しいポイントですね!!

 

では取り付けていきます!

P8

勿論同時にブレーキパッドも新品に交換です!

古い方は3mmちょっとぐらいの残量で交換にはまずまずの頃合い

前回の12ヶ月点検から1年引っ張った甲斐がありましたね!

P7

P9

グリースを塗って取り付けして完成です

その他大きなトラブルはありませんでしたので、エンジンオイルやブレーキフルード等

油脂類の交換、各フィルター類の交換、各部増締め、調整等を行い車検整備完了です

 

新たに車検取得後、ご返車させて頂きました

車検・点検の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2021’ kobayashi- motors All Rights Reserved.