BMWNINI点検

BMW MINIクーパーS R56 法定12ヶ月点検 オイル漏れ修理 エンジン降ろし

DSC00577

BMW MINIクーパーS R56 法定12ヶ月点検にてご入庫です

早速ピットにて診断を進めていきます

DSC00614

DSC00616

診断を進めていくとエンジンのオイル漏れを発見!

写真赤丸部辺りが酷くオイルで汚れています

これが下に下に垂れており、エンジンの一番低い所からポタポタ漏れています

 

このエンジン漏れ箇所、リアクランクシールと呼ばれるエンジンとミッションの間に

あるパーツです

これを交換するにはどのお車でもエンジンかミッションを外さなければ交換する事ができません

MINIの場合はエンジン・ミッションどちらもセットで降ろします!

DSC00611

と言う事でお客様にお見積りをご確認頂き修理を進めていきます

今回はエンジン・ミッションをセットで降ろし、一通りリフレッシュのプランで修理を行います

 

R50・R53の頃からお決まりのスタイルですが・・・笑

バンパーなど前廻りのパーツをゴソッと取り外し、エンジン・ミッションをドーンと引き抜いていきます

DSC00640

MINIの場合はモデル問わず何かとエンジン降ろしor前全バラシ作業が出てきます

なのでこのような修理でエンジンを降ろした際に工賃がかさむ部分のオイル漏れや

M/Tの場合はクラッチ交換、エンジンマウント類等まとめて行う修理プランがおススメです

個別で作業するより工賃でいえばかなりお安くする事が可能です

 

降ろしたエンジン・ミッションを分離させ、リアクランクシールにアクセスします

DSC00644

DSC00648

外したエンジンの断面側を見るとリアクランクシールが見えてきます

全体に黄金色に輝いて見えるのは漏れたオイルが飛散して薄くコーティングされて

しまっている状態です

写真下、矢印部分の黒いリングがリアクランクシールになります

チョットしたゴムのパーツですのでパーツ代はお安いですが、交換はここまで大変です

DSC00654

新たなリアクランクシールを取付けて、キッチリ清掃します

先ほどまでも黄金色から普通の金属のシルバーになりましたね!

再びミッションとドッキングさせればメインのリアクランクシール交換は完了です!

DSC00621

続いては異音が出ていたベルト周りの修理!

MINIの場合はFF車なので通常このベルト取り付けれている面は車両右側のフェンダー

に掛かっている部分です

それもエンジンが降りていればサクサク交換可能です!

めちゃくちゃ個人的ですが、このやりやすい状態で修理することをボーナスステージと

私は呼んでます笑

DSC00619

DSC00625

今回は異音の原因だったフリクションホイルと呼ばれるパーツの他

写真のように亀裂が酷かったウォーターポンププーリー

そしてテンショナー、ファンベルトとベルト廻りはセットで交換!

 

こちらも交換後は異音もスッキリ収まりました!

DSC00636

DSC00637

最後にエンジン一番上のカバー、ヘッドカバーからのオイル漏れで該当のパッキンを交換します

こちらはエンジンが乗ってようと降りてようと大差ない部分ですが、漏れていたので今回は

交換を行いました

DSC00665

エアクリーナー等の消耗品を交換しつつ、エンジンを車両に戻します

最後に新たな油脂類を充填して作業完了!

漏れ等も止まりグッドコンディションに仕上がりましたのでご返車させて頂きました

車検・点検の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2021’ kobayashi- motors All Rights Reserved.