BMWMINI修理

BMW MINIクラブマン R55 エンジンオイル・冷却水漏れ修理

DSC06138

BMW MINIクラブマン R55 エンジンオイル・冷却水漏れ症状にてご入庫

です

お客様自身でも確認されており、冷却水は減ってくる、オイルは漏れているのが

見えるとの事!

早速ピットにて診断から進めていきます

DSC06078

まずは冷却水の漏れからです

診断していくと写真の様に冷却水が漏れています

ブロック状に分かれたミッションケースの上に緑の液体が溜まっていると思います

DSC06082

アップで見ると溜まっているがより分かると思います

漏れとしてはなかなかの量!

これだとやがては冷却水が少なくなってオーバーヒートの危険性もあります

 

漏れ箇所はR56系MINI定番のサーモスタットから漏れていました!

とにもかくにもR56はサーモスタットから漏れが非常に多いです

DSC06088

DSC06091

今回は状況からサーモスタットとウォーターポンプとサーモスタットを繋ぐパイプ

も同時に交換します

昔からこのパイプも漏れ箇所としてはメジャーでしたが、特にここ数年は

経過年数的にも経ってきた事もあってか漏れや劣化が非常に多くなっています

 

パイプとサーモスタットを交換し、冷却水を再充填すれば修理完了です!

DSC06102

続いてはお客様の方から「ここが漏れている!」と伺っていたエンジンオイル漏れです

こちらはエンジンヘッドカバーと呼ばれるエンジン一番上の蓋に当たる部分から!

ここの非常に定番のオイル漏れ箇所です

DSC06110

DSC06111

このオイル漏れ自体は前回の12ヶ月点検の時に既にお客様にお伝えしていた

箇所だったのですが、一ヵ所懸念事項がありまして・・・

写真の様に取付けボルトが入る穴になにやら加工がされているようです・・・!

ここが何とも言えなかったので「酷くなってからやりましょう!」とお伝えしていました

 

今回実際に交換するにあたりちょっといじると写真下、ボロッと破片が・・・

DSC06123

DSC06116

ヘッドカバーを外して見るとやはりヤな予感は的中!

どこのだれかは知れませんが恐らくボルトの締め過ぎによるカバー自体の破損を

確認・・・

写真赤丸部、その破損を液体ガスケットで無理やりくっつけて、そのまま取付け

られていました・・・

作業した業者様にもいろいろ事情があるのでしょうが、ちょっと酷い修正の仕方です

DSC06120

DSC06127

割れてしまっているものはどうにもなりませんので、今回はヘッドカバーAssy

(丸ごと)にて修理を行います

 

新たなヘッドカバーを取付ければ修理完了!

無事エンジンオイル、冷却水漏れどちらもしっかりと治りましたのでご返車させて

頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2021’ kobayashi- motors All Rights Reserved.