BMWMINI修理

BMW MINIクーパー R56 冷却水漏れ修理 ウォーターポンプ交換

DSC00979

BMW MINIクーパー R56 冷却水漏れ症状にてご入庫です

症状としてはジャバジャバ漏れている訳ではなく、「定期的に補充が必要ぐらい」との事!

漏れとしては少量が予想されますね

早速ピットにて診断から進めていきます

DSC00981

冷却水システムは大前提として圧力を掛けて作動しています

ですので酷い漏れの場合はそのままポタポタ漏れてきますが、今回の様な少量

であれば専用の診断器具を使用し圧力を掛けて、疑似的にエンジン作動状態に

してから診断していく必要があります

 

診断の結果、漏れの原因はR56系のMINIでは定番のウォーターポンプ本体からでした

写真では赤丸部の辺りに取り付けらえています

DSC00982

お客様にお見積りをご確認頂き修理を進めていきます

修理はウォーターポンプ交換になります

 

ファンベルトやプーリー類を取り外すと黒いウォーターポンプが見えていきます

DSC00985

取外して新品に交換していきます!

R56系は初期の樹脂のウォーターポンプから漏れが多い為に強化された

金属製のウォーターポンプがありますのでそちらに変更がベスト!

 

またR56系では消耗品に当たるウォーターポンププーリーも同時に交換します

DSC00989

R56系のウォーターポンププーリーはただファンベルトが掛かっているだけではなく

プーリー自体にゴムが焼き付けてあり、プーリー自体が摩擦で作動する造りになっています

要するにファンベルトの替わりをしているという事です

 

ですので劣化が進むと、写真のようにファンベルトと同じようにヒビ割れや酷くなると

剥がれを起こします

赤丸部も大きく剥がれているのが分かると思います

酷くなるとウォーターポンプの作動不良になりますので定期的な交換が必要です

DSC00992

ウォーターポンプも新たな物を取付け、抜けてしまう冷却水を規定量充填すれば

作業完了!

再度漏れが無い事を確認し、ご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2021’ kobayashi- motors All Rights Reserved.