スバルインプレッサ修理

スバル GRBインプレッサWRX STI パワステ異音修理 リビルトポンプ交換

DSC_6411

スバル GRBインプレッサWRX STI ハンドルを切ると異音症状でご入庫です

お車はハンドルを切るとウィーンウィーン・ミューンミューンといった

異音がでています

スバルでは定番の症状ですね・・・!

 

早速ピットにて診断を進めていきます

DSC_6412

診断をする前から原因は分かっている様なものですが・・・

原因はやはりパワステポンプ本体からのオイル漏れ・異音でした

 

本当にインプレッサ・レガシィの水平対向エンジンでは多いトラブルポイントです

パワステポンプは水平対向エンジンなのでエンジン一番上にその他補器類と並んで

取り付けられています

DSC_6417

お客様にお見積りをご確認頂き、ご了解を頂きましたので修理を進めていきます

古いパワステポンプを外すと、漏れたオイルが垂れているのが分かります!

パワステオイル自体は少量ですので漏れ量としては大した事ないですが、

先ほどの通りエンジン一番上から垂れる為、その下タイミングベルトに

かかってしまう位置関係になります

タイミングベルトはオイル類NGなので、その点注意が必要な漏れ箇所です

DSC_6416

今回も当店ではお馴染みのリビルト(再生中古)のパワステポンプと交換を行います

左側、古い方は中心のシャフトからオイルが漏れているのが分かると思います

DSC_6418

新たなパワステポンプを取り付ければ作業完了!

最後に抜けてしまっているパワステフルードをエア抜きしながら充填します

 

無事異音もオイル漏れも無くなりましたのでご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2022’ kobayashi- motors All Rights Reserved.