スバルレガシィ修理

スバル レガシィ パワステポンプオイル漏れ修理

DSC_1185

スバル BP型レガシィ パワステからのオイル漏れ症状にてご入庫です

早速ピットにて診断から進めます

DSC_1188

ちょっとピンボケですが・・・

お客様の仰る通り、パワステポンプよりオイル漏れがありました

写真赤丸部、パワステポンプ直下にはオイル漏れ跡がしっかり見えます

位置的にも漏れたオイルがタイミングベルトカバーに垂れるので、

タイミングベルトの保護の観点でも、あまり漏れを放置するのは

好ましくありません

 

お客様にお見積りを確認して頂き、ご了解を頂きましたので

早速修理を進めていきます

DSC_1186

レガシィは水平対向エンジンですのでエンジン補器類はエンジン上部に

並ぶように取り付けられています

パワステポンプは向かって左側、写真赤丸部になります

上側と言ってもその上に更にインテークパイプ等がある為、作業は

多少時間が掛かります

DSC_1190

パワステポンプを引き出し、取り外していきます

このスバル定番のパワステポンプ不良ですが、今回の様なオイル漏れ症状

から、オイル漏れが無くてもハンドルを切る度に「ニューンニューン」という異音が

発生するケースも多いです

当店でもインプレッサ、レガシィ、フォレスター等、スバル各モデルで

毎月5台位のペースで交換させて頂いております

DSC_1192

ポンプを外したエンジン側、今回の様にオイル漏れですとかなり

残オイルが残こります

勿論、各部綺麗に清掃してから新たなポンプを取り付けていきます

DSC_1191

今回も小林モータースでは定番のリビルトパーツにて修理を行います

これだけ不良の多いポンプですから同程度の車から取り外された

中古ポンプ使用ではかなり不安が残ります・・・!

リビルトであれば内部パーツはオーバーホールされていますので

再故障のリスクなく安心してお使い頂けます

 

事前にお見積り、ご予約を頂ければ作業自体は最短半日でお返しできます

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2022’ kobayashi- motors All Rights Reserved.