AudiA3修理

Audi A3 冷却水漏れ修理 ラジエター交換

IMGP2497

Audi A3 冷却水(クーラント)漏れにてご入庫です

症状としては一週間に一度位のペースで冷却水の補充を行わないと

冷却水不足の警告画面が点灯してしまうとの事

早速ピットにて診断作業から進めていきます

IMGP2452

IMGP2451

リフトアップしアンダーカバーを外して点検すると、ラジエターから

冷却水漏れを起こしているのを発見!

写真はそれぞれラジエター両端の写真ですが、どちらからも漏れた冷却水

が垂れています

ラジエター破損で間違いありません

お客様に状況をご説明させて頂き、ご了解を頂きましたのでラジエター

交換修理を進めていきます

IMGP2499

A3に限らず、アウディ全般ではこの手のエンジン系整備は大変なもの

が多いです

まずはフロントバンパーを取り外しから始まり、

IMGP2502

IMGP2503

そこからヘッドライト等も取り外し、エンジン前側の樹脂製のフレーム

(ラジエターキャリア)を前方に引き出します

これでエンジン前部にスペースが出来ました

これはサービスポジションといってフロント周りを分解する事で、修理用の

スペースを広げる事ができる様にそもそも車輌が設計がされています

 

ここまで車両を分解できましたら、この隙間からラジエターを抜き出して

交換を進めていきます

A3は横置きエンジンなので関係ありませんが、A4等のタイミングベルト交換でも

同じような工程が必要になります

IMGP2500

冷却水漏れの原因だったラジエター

純正形状の社外パーツを使用しなるべくお安く仕上げていきます

IMGP2505

また作業のついでにお客様の方でお持込み頂いたキセノンバルブの

交換も同時に行います

交換にはライト脱着が必要ですので、このタイミングで交換を行えば

一石二鳥!工賃もお安くすみますね!

 

ラジエターとキセノンバルブ交換後、バンパー等分解していたパーツ類を戻し、

新たに冷却水を充填すれば作業完了です

しっかりれ冷却水漏れが治っている事を確認してご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2017’ kobayashi- motors All Rights Reserved.