HOME > 整備レポート > スズキ修理 > スズキワゴンR修理
 

スズキワゴンR修理

スズキ ワゴンR エンジン不調修理 イグニションコイル交換

IMGP1016

スズキ ワゴンR エンジン不調にてご入庫です

まずは症状の確認から行います エンジンをかけるとアイドリングで

エンジンが「ブルブルブル・・・」とエンストしてしまいそうな振動がでています

また加速も悪く、アクセルを踏むと「ボッボッボッボッボ・・・」とやっと

加速していくような状態です

症状から見てエンジンが1気筒正常に作動していない事が考えられます

症状の把握が出来たところで実際に診断を進めます

IMGP1017

エンジン上部に被っているインテークパイプ、エアクリーナー等を分解し

診断を進めていきます

パワーバランスのチェックを行うとやはり1気筒に不具合がある事が判明しました

原因は定番のイグニションコイルです

スパークプラグに使う高電圧を作る為のパーツですが、国産車のエンジン不調

ではナンバー1の故障頻度かと思う程多いトラブルです

IMGP1020

IMGP1021
原因は判明しましたが、念の為スパークプラグも点検を行います

スパークプラグも長期間無交換だったようで、かなり摩耗が進んでいました

新旧を見比べると先端に飛び出しているL字の金具が摩耗によってすり減っている

のが分かると思います

 

スパークプラグもこのまま摩耗が進むと電気スパークがしにくくなり、同じような

エンジン不調を起こします

今回は直接原因ではないですが、お客様にご説明し同時交換を行います

IMGP1044

直接の原因だったイグニションコイルです

通常の車であれば各気筒1個づつ付いているのものですので、ワゴンRは3気筒の

エンジンが搭載されているので計3個付いています

今回不良が確認できたのは3個の内1個ですが、現在正常の残り2つも同様の

使用条件にさらされているのものですのでいつ壊れてもおかしくありません

基本的には全数をセットでの交換をお勧めします

 

今回も3本セットで交換させて頂きました

イグニションコイルとスパークプラグをそれぞれ交換して作業完了です

無事ご依頼だったエンジン不調も直りました!

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2017’ kobayashi- motors All Rights Reserved.