HOME > 整備レポート > 輸入車修理 > VWゴルフトゥーラン修理
 

VWゴルフトゥーラン修理

WV ゴルフトゥーラン オイル漏れ修理 A/Tオイルパンパッキン交換

IMGP0954

VW ゴルフトゥーラン オイル漏れ修理にてご入庫です

ガソリンスタンドにて「オイル漏れがあるから直した方がいい」と言われて

しまったそうです

気になるか診てほしい。と今回ご入庫頂きました

IMGP0935

早速車輌をリフトアップし診断を進めていきます

車輌を下から診断すると、まず見つかったのがA/Tオイルパンパッキン

からのオイル漏れです

写真だと分かりずらいですが、オイルパン全体がオイルで濡れている状態

です

まだポタポタ漏れてしまう程ではないですが、このままでも悪くなる事はあれど、

良くなることはないので修理が必要です

IMGP0745

また同時に発見したのが、オイル漏れとは直接関係ありませんが

ドライブシャフトブーツ切れによるグリス漏れです

写真赤矢印に黒く飛び散っているのがブーツ内部のグリスです

切れた場所が根元付近だった為、少量のグリス漏れで済んでいました

IMGP0952

お客様に現状のご説明、お見積りの確認をして頂き、ご了承を頂きました

ので修理作業を進めていきます

まずはA/Tオイルパンパッキンの交換作業から!

オートマ(A/T)の一番下に付いているオイルを貯めておくお皿「オイルパン」と

呼ばれるパーツを取り外してパッキンを交換していきます

オイルパンを外すとA/T内部のメカ部を見る事ができます

IMGP0953

このA/Tオイルパンからのオイル漏れは輸入車では

車種を問わず定番の漏れ箇所ですね

 

外したオイルパンはシッカリと洗浄を行ってから新たなパッキンを組み付けて行きます

IMGP0936

続いてはドライブシャフトブーツの交換です

こちらは一度ドライブシャフト本体を車体から取り外し、ドライブシャフト単体

の状態にしてから分解を行いブーツの交換を行います

 

エンジンからの動力をタイヤに伝える為のシャフトですのでもろに駆動力が掛かり

また高速回転するパーツですので確実に組み付けていきます

 

どちらも交換後、仕上げ作業を行えば作業完了です

今回オイル漏れもグリス漏れも極端に重症状態ではありませんでしたが、

修理をさせて頂きました

どちらのトラブルも放っておくと各パーツ本体を壊してしまう等

二次故障で余計な出費になってしまうケースも多いです!

こうしたトラブルは発見したら早めの修理がお勧めです

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休

 


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2017’ kobayashi- motors All Rights Reserved.