HOME > 整備レポート > トヨタ修理 > トヨタハイラックス修理
 

トヨタハイラックス修理

トヨタ ハイラックスサーフ エンジン警告灯点灯修理

IMGP0471

トヨタ ハイラックスサーフ エンジンチェックランプ点灯にて

ご入庫です

現車は警告灯が点灯している以外は特に不調を感じる事はないとのことです

早速テスター診断機にて診断作業をを行います

IMGP0465

テスターにて診断作業を行った結果、原因はエンジンO2センサーと

呼ばれるパーツの不良を確認する事ができました

国産車では定番中の定番不良個所です

お客様にお見積りを確認して頂き、ご了承を頂いたので修理を進めていきます

IMGP0467

O2センサーはマフラー内の排気ガスの状態を監視するセンサーになります

ですので当然マフラーの途中に取り付けられています

写真はエンジンルームから見た写真ですが、矢印の辺りにちょっと見えるのが

今回原因のO2センサーです

上からではほとんどみえませんので実際の交換は車両下から行います

IMGP0468

O2センサー新旧比較

基本的にO2センサー不良の症状はチェックランプ点灯だけですが、

本来O2センサーからの情報を元にエンジンはベストな状態の燃焼状態

を作り出していますので厳密に言えばパワーダウンや燃費悪化を起こしています

 

修理の方は新たなセンサーに交換後、テスターにて車両に残っているエラー情報

を消去し、実測値にてしっかりと新しいセンサーが稼働しているかを確認して

作業完了です

 

国産車・輸入車問わず各警告灯点灯修理お任せ下さい!

法改正があり、今後は各種警告灯が点灯していると車検にも合格できなくなってしまいました

お困りの方は是非、ご相談下さい

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2017’ kobayashi- motors All Rights Reserved.