HOME > 整備レポート > スバル修理 > スバルレガシィ修理
 

スバルレガシィ修理

スバル レガシィ タイミングベルト交換修理

IMGP8837

スバル レガシィ BP5 タイミングベルト交換にてご入庫です

タイミングベルト交換はあくまで修理ではなく、距離による定期メンテナンス

ですので特に診断必要ありあませんね!

早速ピットにて作業を行います

IMGP8840

水平対向4気筒ターボ+4WDですので、エンジンルーム内にはギッシリと詰まっています

よくスバルは整備性が悪いなんて言われますが、必要な所を必要な手順通り

修理作業を行えば、決して整備性は悪くありません

どちらかというと輸入車の整備感覚に似ている雰囲気があります

IMGP8843

ラジエター等を取り外し、タイミングベルトカバーを外すとベルト本体が

見えてきます

写真では既にベロンとタイミングベルトも外れています

IMGP8844

写真に写るのがカムプーリーと呼ばれるパーツです

左右に計4個付いているものですが、このプーリーの奥にあるカムシールも

オイル漏れの原因になる所なので同時交換をお勧めしています

このプーリーを取り外すには専用の特殊ツールが必要です

もちろん小林モータースは各種特殊工具も完備!作業OKです

IMGP8848

交換したタイミングベルト本体

ベルト本体にはまだ特にひび割れ等ありませんでしたがこの状態の内に

交換しておくのが安心ですね

よく言われるようにもしも切れてしまったエンジンが一発で

壊れる場合もありますので・・・

IMGP8849

IMGP8850

ベルト本体以外にも同時交換でプーリー類、ウォーターポンプを

交換します

IMGP8852

各部清掃、洗浄を行いながら新たなパーツを組み付けます

タイミングベルトは水、オイルの付着はNGのパーツですので、

神経を使って組み上げていきます

最後に抜けてしまっている冷却水を充填し作業完了です

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休

 


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2017’ kobayashi- motors All Rights Reserved.