スバルレガシィ修理

スバル レガシィ ヘッド(タペット)カバーパッキン交換

P1

スバル レガシィツーリングワゴン オイル漏れ修理のご依頼にてご入庫です

早速ピットにてリフトアップしてアンダーカバーを外して点検を進めていきます

P3

P4

エンジンを下から診ていくと、オイル漏れの原因を見つけました!

マフラー(エキマニ)の上のあたりが真っ黒に汚れていますよね

これはヘッド(タペット)カバーパッキンの劣化によりオイル漏れです

このレガシィはスバル伝統の水平対向エンジン!エンジンが横に寝っ転がるように

搭載されていますので通常であれば一番上になるはずのヘッド(タペット)カバーが

真横になってしまっています

その為水平対向エンジン搭載のインプレッサ、レガシィでダメになりやすいポイントです!

スバルのお車を乗っている方は要チェックですよ!

では修理に移ります

P5

P6

タペットカバーにアクセスするために邪魔なエアクリーナーボックスやバッテリー、

ウォッシャータンク等を外します

そうするとヘッドカバーが見えるようになります

漏れたオイルと砂やホコリが混ざって黒く汚れていますね!

では取り外していきます

P7

P8

取り外しました

エンジンが横たわっているため作業がとてもやりにくいですが当社では過去に

多数の実績がありますのでサクサク作業可能です笑

P9

P10

外したヘッド(タペット)カバーとエンジン側を隅々まで綺麗にしてから新たなパッキン

を組付けをし最後にオイル漏れのチェックを入念にして完了です!

漏れもキッチリ止まりましたのでご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2022’ kobayashi- motors All Rights Reserved.