BMW120i修理

BMW 120i E87 エンジンオイル漏れ修理 オイルプレッシャーセンサー交換

DSC00249

BMW 120i E87 エンジンオイル漏れ症状にてご入庫です

ただ今回はその度合いが凄い・・・ちょっとエンジンを掛けているだけでボタボタ

下に垂れてきます

このレベルの漏れはただ事じゃありません・・・パッキンから漏れている等ではなく

最悪はエンジンに穴が開いている。とか壊滅的なダメージも予想されます

そんな事情で今回はロードサービスにてご入庫頂きました

任意保険のロードサービスなら会社さんや契約にもよりますが、無料の事が多いです

トラブルで自走するか悩んだ場合は是非ご活用ください!

結局自走が原因で「トドメ刺しちゃいましたね・・・」が一番勿体ないですからね・・・!

DSC00256

早速ピットにて診断から進めていきます

オイル漏れは写真ではどうにも分かり難い・・・

写真赤丸部に滴になっているのは全て漏れたオイル!

写真だとインパクトに欠けてしまいますが・・・実際はかなりの状態です

DSC00253

診断を続けた結果、原因判明!

写真の赤丸部部分からエンジンを掛けると噴水の様にオイルが噴出してきます

 

結果から言うとオイルプレッシャーセンサーと呼ばれるセンサーが破損してしまい

ただの筒になってしまっている状態でした

DSC00260

お客様にお見積りをご確認頂き修理を進めていきます

通常該当のセンサー交換であればここまで分解しないのですが、今回はセンサー自体が

破損してしまい外す為に工具が掛かる所が無くなってしまっているのでインレットマニホールド

等を取り外し、作業スペースを広くとって作業します

DSC00263

新品と見比べると金属部分とプラスチック部分で見事に真っ二つになっているのが

分かると思います

通常(右側)は1つにまとまっているパーツです

プラスチックの内部が実際の圧力計としてのセンサーになっていて、エンジンに取り付ける

事でエンジン内部のオイルの圧力を測定しています

今回はこのセンサー部分が外れてしまったので、金属の筒の部分だけがエンジンに

取付けられた状態です

これではトンネルやチューブといった状態ですのでオイルはとめどなく漏れてしまった

と言う事です

DSC00271

DSC00267

新たなセンサーを取り付ければ修理自体は完了!

後は漏れたオイルでビシャビシャ・ドロドロになってしまったエンジンやフレーム、

アンダーカバー等を綺麗に清掃します

漏れが止まっても各部にオイルが残っていると振動や角度によって垂れてきたり、

マフラー等に触れれば煙や臭い、最悪は出火の危険性もあるので丹念に清掃します

 

オイルっ気がなくなるまで清掃すれば作業完了!

無事漏れもスッキリ止まりましたのでご返車さえて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2022’ kobayashi- motors All Rights Reserved.