TEXA エアコンガスリフレッシュTexa

TEXA エアコンガスリフレッシュ

現在主流で使われているエアコンガスR-134a、今後搭載が増えてくる最新冷媒R-1234yfの両方に対応した最新式エアコンガスチェンジャーです。現代のお車ではエアコンガスの規定量が重量=グラム数指定になっているのが殆どです。
しかし気体であるガスを人間の感覚で「○○グラム注入する」と言うのは不可能です。
そこでこのエアコンガスチェンジャーを使用する事で現在車両に封入されている量も新たに封入する量も共に1g単位で精密に管理する事ができます。またガス入替作業時にはガスに残る不純物もろ過しますので今後のエアコントラブルの予防にも効果的です。

料金表

軽自動車 ¥8,000
国産車 ¥10,000
輸入車・デュアルA/C車 ¥12,000
不足しているガスの追加注入 1g/¥10

ガス回収・計測~充填まで1サイクル実施
今後のガス漏れ診断に役立つ蛍光剤の注入をプラスする事も可能です。
※効果が少ない等、別途修理を行う場合には施工から1ヶ月以内であればガスチャージ基本料金をサービス致します。

TEXA エアコンガスリフレッシュ

TEXA エアコンガスクリーニングとは?

エアコンガスのリフレッシュクリーニングと言われてもピンと来る方は少ないと思います。
そもそもエアコンはシステム内にエアコンガスが規定量充填されており、ガスがシステム内をグルグル循環する事で作動しています。
これは家庭用のエアコンでも同じです。しかし家庭用エアコンとの大きな違いは車という特殊な環境の為、真夏の高温から冬の低温まで環境温度変化が大きい事や常に振動に晒されている事、また配管同士の接続が非常に多い事が上げられます。
その為、ガスは循環しているので理論的に減る事はありませんが、実際にはどんなに正常な車でも1年に10g程度減少していきます。エアコンガスの減少はシステムの稼働率の低下に繋がりますので当然「ぬるい」風になっていきます。br
そこでお勧めするのがエアコンガスクリーニングです。

TEXA エアコンガスリフレッシュ


エアコンガスクリーニングの流れ

TEXA 780Rエアコンガスクリーニングは以下の工程を行います。まずは各設定を行い、車両に接続します。

  • エアコンガス回収

    車両から現在入っているエアコンガスの回収を行います。
    この際スラッジ(鉄粉・サビ等の不純物)や古くなったオイルも同時に回収を行います。またガスは回収量を計測しますので、車両に実際に入っていたガス量を正確に把握する事が出来ます。

    TEXA エアコンガス回収

  • ガスクリーニング

    本体内部でエアコンガスのクリーニングを行います。
    同時に回収したオイル・不純物は取り除かれ排出されます。廃棄用のタンクに貯められた古いオイルです。不純物や水分が混入しているのが分かると思います。
    綺麗になったガスは本体のタンクに一度貯められます。

    ガスクリーニング

  • 真空引き

    続いては「真空引き」工程です。これはエアコンガスを抜いた代わりにエアコンシステム内には通常の空気が入ってしまいます
    この状態でガスを新たに充填してしまうと当然「ガス+空気」の状態になってしまうので、一度システム内の残存空気を吸引し真空状態にします。またこの際、真空状態が一定時間保たれる事を確認する事でガス漏れの有無を判断します(漏れ箇所がある場合には、真空状態のシステム内に空気が入るのでマイナスに振れている圧力が大気圧に戻ろうとします)。

    真空引き

  • オイル・蛍光剤充填

    工程は折り返しです。
    ガスと同時に抜いたオイルにガスと共に漏れたオイル量を加味してエアコンシステム内に注入します。オイルは通常のオイルの他、ハイブリット・EV車用の専用オイルも使用可能です。
    またこの際、今後のガス漏れ点検に役立つ蛍光剤を同時に注入する事も可能です。どちらも1g単位で注入可能です。

    オイル・蛍光剤充填

  • エアコンガス充填

    最後にエアコンガスを充填します。
    本体にてリフレッシュされたエアコンガスを車両ごとに定めれた規定量通りに充填します。以前はエアコンガス量をチェックする小窓が車両に付いているのが当たり前でしたが、現在の車両に取り付けらられていません。また高精度の制御を行う為、エアコンガスの規定量の幅もどんどん狭まっています。のでなおの事、「規定量充填する」と言うのが大切になります。エアコンガスの方も勿論1g単位で充填可能です。

    エアコンガス充填

  • 残存ガス回収

    お客様には直接関係ない工程になりますが、最後に施工後に残ったホースの中のガスを本体に回収します。
    現在多くのお車に使用されている134aと呼ばれるエアコンガスは地球温暖化に非常に影響があるものです。当然大気開放はNG!ホースに残ったガスを回収する事で、ガスの出し入れを行っていますが大気には一切ガスを放出することなく作業する事が可能です。

    残存ガス回収

  • 結果プリントアウト

    全ての工程の結果がプリントアウトされ出力されます。結果的にこのお車では規定量810gに対し、入っていたガスが679g、実に131g不足しておりました。この結果はお客様にお渡し致しますので実際にご覧になれます。
    これで全ての工程が完了です。施工前後でエアコン吹き出し口の温度を測定します。同条件、エアコン全開での状態で測定します。

    結果プリントアウト

  • 施工前施工後

    ご覧の様な結果に14.3℃でも十分涼しいと感じる温度ではありますが、施工後の8.4℃ではもう一段階涼しさのレベルがった印象です。これがこの車輌の100%のエアコン性能!
    是非お客様のお車でも体感して下さい!!
    軽自動車~輸入車までほとんどのお車で施工可能です。ハイブリット・EV車のPOEオイルにも対応していますのでお気軽にご相談下さい。
    またドイツ等EU諸国で採用されている最新1234fyにも対応しております。お気軽にご相談下さい

    結果プリントアウト

※基本料金の他、補充分のエアコンガス代金が加算されます。
※一部車種で接続に分解が必要な場合、リフトアップが必要な場合はそれぞれ追加料金が発生します。
※ガス量不足以外のエアコン故障を修理できるものではありません。
※現状規定量入っている車両等、全ての車両で効果を発揮できるものではありません。
※コンプレッサー焼付き等、故障により不純物が大量に発生している車輌へのクリーニング効果はありません。

修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2022’ kobayashi- motors All Rights Reserved.