HOME > 整備レポート > レクサス修理 > レクサスGS350修理
 

レクサスGS350修理

レクサス GS350 足廻り異音修理 フロントショック交換

DSC_8420

レクサス GS350 足廻り異音症状にてご入庫です

症状としては走行中、前の方から「ゴトゴト」と突上げる様な異音が

出ているとの事!

早速ピットにて診断を進めていきます

 

最近レクサスの足廻りが立て続けにご入庫頂いております

レクサスですと足廻りやチェックランプでのご入庫が当社は多い案件ですね!

DSC_8421

テストドライブを行い、異音症状を確認した後リフトアップして診断を行います

各部診断を行うと、恐らく原因と思わしき箇所を発見!

DSC_8422

こんな具合に前側のショックからオイルが漏れています

黒っぽく濃く見える部分はショックからオイルが漏れた跡になります

 

ショックの場合はこの様にオイルが漏れてしまうと、減衰効果もなくなって

しまうのでバタバタ落ち着きのないフィーリングになり、最終的には

今回の様な異音症状が出ます

異音は「ゴトゴト」と結構いい音がするケースが多いです

DSC_8423

お客様にお見積りをご確認頂き、ご了解を頂きましたので修理を進めていきます

修理はフロントショックの交換です

 

まずは複雑に組み合わさる足廻りからショックAssy(丸ごと)を取り外します

写真は外されたショックAssy!何となくショックと言われるとこのイメージ

かと思います

DSC_8425

そしてショックAssyを分解!写真の様にバラバラの状態にします

 

今回は写真中央のショックアブソーバー(漏れの原因箇所)と各矢印部分の

アッパーブッシュやダストブーツ、スプリングシート等付属品も交換していきます

 

基本的にはども部品を交換するにもこの様にショックを分解する必要があるので、

極端な話、一つずつ交換してしまえばその回数分脱着分解工賃が掛かってしまいます

ですのである程度ゴムパーツ等の劣化するパーツはセットで交換がおススメです

DSC_8426

新たなパーツを組み込んでショックを組み立てていきます

リフレッシュされたショックが出来あがれば、車両に組み付けていきます

 

これをフロント左右で交換を行えば作業完了

無事異音も消え、ドライブフィールも復活しましたのでご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
リサイクルパーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2020’ kobayashi- motors All Rights Reserved.