BMWMINI修理

BMW MINIコンバーチブル R52 不動修理 クラッチ交換

DSC02146

BMW MINIコンバーチブル R52 突然走行不能になってしまった

との事で緊急ご入庫です

まずはピットにて診断から進めていきます

 

が、ここで結構ハマりました・・・

症状的にはクラッチ不良そうな感じなのですが、何せ走行距離が

まだ1万キロ台・・・

通常クラッチがダメになる様な距離ではありません

 

意外な落とし穴があるのか!?とも思い、あれこれ診断したのですが

やはりコレと言った原因は見つからず・・・!

やはりクラッチorミッション本体が不良の可能性が大なので

客様にエンジン、ミッション降ろし後の診断という許可を頂きまして、

ひとまずエンジン降ろしを行います

DSC02109

DSC02014

早速エンジン、ミッションを同時に降ろしていきます

MINIの場合は前廻りを全て取り外し、前に引き抜いてくる感じです!

当社ではMINIのご入庫が非常に多いので、毎月1台以上はこの状態にして

いる様な気がしています笑

 

写真赤丸部がミッション本体です

原因は不明ですが、ひとまずエンジンとミッションを分割していきます

DSC02062

写真は既に新品が映ってしまっていますが・・・

ミッションを分離し、エンジンとの間にあるクラッチを確認すると原因判明!

やはりクラッチが原因でした

写真左側、古いクラッチディスクの方は完全に剥がれててしまっているのが

分かると思います

 

一般的なクラッチ交換時期である5~10万キロ位のお車ですと良くある

劣化の仕方ですが、流石に1万キロ台でこれは初めてです

DSC02064

DSC02070

無事原因も判明したのでお客様に最終的なお見積りをご確認頂き、

クラッチ交換で修理を進めていきます

 

今回剥がれ落ちて異常摩耗した方がフライホイル側でなかったので、

フライホイルは再利用でいきます

これがフライホイルも交換・・・となるとフライホイルだけでも結構な

お値段がします

DSC02061

DSC02096

クラッチディスク、プレッシャープレート、レリーズベアリングの

クラッチ基本3点セットを交換します

またMINIの場合は細かい部分ですが、スリーブやフォークブッシュなど

このタイミングでしか作業出来ない部分も交換していきます

DSC02098

各部清掃、新たなクラッチを組み付けていきます

最後にミッションとエンジンをドッキング!後は車両に戻せば作業完了です

 

無事走行できるようになっているのをテストドライブで確認した後、

ご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.