HOME > 整備レポート > 輸入車修理 > BenzGL550修理
 

BenzGL550修理

メルセデスベンツ GL550 X164 エアサス不良 足廻り異音修理

DSC00988

メルセデスベンツ GL550 X164 エアサスの警告灯点灯 足廻りの異音

にてご入庫です

エアサスの方は元の車高が高いので分かり難いですが、エアサス落ち症状と

警告灯点灯、足廻りの方は車両がハンドルを切ったり、ちょっとした段差でも

「ギュコギュコ」「ゴトゴト」異音が出るとの事!

 

早速ピットにて診断から進めていきます

DSC00961

まずは足廻りの点検から進めていきます

タイヤ等を外して足廻りを確認すると、いたる所のブッシュが切れているのが

確認出来ました

こうなってしまうと上記症状の他「ゴッゴッ」とか「ギューギュー」等とにかく

賑やかに異音が出てしまいす

DSC00990

DSC00995

続いてはエアサス系の診断です

こちらは純正テスターを使用して診断を行います

 

写真下の様に純正テスターにはエラーを読み出したり、消したり以外にも

そのまま各部の機能を診断してくれるテストプランも用意されています

この辺りは純正診断機と汎用診断機で差が出るポイントですね!

 

診断の結果、エアサス部分は左フロントのショックのエア漏れ、またそれに

関連してコンプレッサーの性能が低下しているのを確認出来ました

DSC00963

DSC00968

お客様にお見積りを確認して頂き、ご了解を頂きましたので修理を進めていきます

まずは異音修理から!

 

異音が出ていた前側のロアアーム、アッパーアームをそれぞれ交換していきます

GLではブッシュ単体でパーツ設定がくAssy(丸ごと)の供給のみでした

全部ではないですがベンツではこのパターンが多々あります

 

それでも今回はOEM品を使用して金額を抑えていきます

DSC00964

DSC00966

写真下の新品と比べると、写真上のブッシュに大きく亀裂が入っているのが

分かると思います

ブッシュは元々ゴムの弾性力を利用したパーツですので、切れてしまえば

その性能は失われてしまい、今回の様な異音やハンドリングの悪化等に繋がります

DSC00969

DSC00973

アッパーアームのブッシュも同様です

こちらの方がザックリ切れているのが分かりやすいと思います

DSC00980

DSC00982

同様に足廻りのパーツでスタビライザーブッシュになります

こちらも本来は一体になっているパーツですが、古い方は完全に断裂してしまっています

GLの場合はとにかく車重があるのでこの手の劣化は仕方ない部分かもしれません

DSC00975

DSC00976

DSC00977

続いてはエアサス修理を進めていきます

上記原因として判明していた漏れのあるエアサス本体と性能低下がしていた

コンプレッサーをそれぞれ交換していきます

 

最後にエアサスの初期充填、エラーの消去を行えば作業完了です

無事キッチリ異音も止まりましたし、エアサスもエラー無く元気に動くように

なりましたのでご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.