BMWMINI修理

BMW MINI R56 電動ファン回ってしまう エンジン掛かり悪い修理

DSC00497

BMW MINI R56 電動ファンが全開でいつも回ってしまう、

また朝一エンジンの掛かりが悪い症状にてご入庫です

 

早速ピットにて診断から進めていきます!

DSC00498

電動ファンと掛かり悪いの関連が微妙なところでしたが、ひとまず

テスターにて診断を行います

 

車両のコンピューターには主だったエラーはありませんでしたが、

そうこうしている内にも電動ファンが全開で回りだしました

その後も色々と診断をしていくと原因と思わしき箇所を発見!

 

テスターにて実測値を見ていくとエンジンの冷却水温が112℃もあります

エンジンを掛けてまだ10分前後ですから流石にこの水温は高すぎます

実際の水温を測定してみても実際には50~60℃でしたので原因断定!

水温センサーがバカになってしまい、実際の温度とズレてしまっていまいた

DSC00550

エンジンを一度冷ましきってもう一度確認してもやはり90℃ほどあります

エンジンがかかっていなければ外気温と同じはずですのでやはり原因は

これです!

 

水温が異常に高くなってしまっていますので、車はオーバーヒートと勘違いし

電動ファンを回してしまいます

また冷間時のエンジン始動はエンジンの温度に合わせてガソリンの量を

増やしていますので温度がズレていればそういった制御が出来ず、エンジンの

掛かり難い症状が出てしまいます

 

結果的には2つの症状とも1つの故障が原因でしたね!

DSC00552

お客様にお見積りを確認して頂き、ご了解を頂きましたので修理を進めていきます

水温センサーはサーモスタットと呼ばれるパーツと一体でしたので

そっくり交換が必要になります

 

R56系のサーモスタットは元々冷却水が漏れるトラブルが多い箇所です

エンジン向かって右側にサーモスタットはあるので取り外していきます

DSC00554

DSC00555

原因のサーモスタットを交換していきます

写真赤丸部が水温センサーです

 

新たなサーモスタットは対策品になっているので写真下の対策ハーネスもセットで

交換を行います

DSC00556

交換後新たな冷却水を充填すれば作業完了!

無事、始動直後の温度も外気温度同じ位になりました

センサー値もシッカリ復活してます

 

勿論言われていた症状も2つとも再発しなくなりましたのでご返車

させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.