HOME > 整備レポート > 輸入車車検・点検 > ジャガーSタイプ車検
 

ジャガーSタイプ車検

ジャガー Sタイプ 車検・足廻りブーツ切れ ブーツ交換修理

DSC00651

ジャガー Sタイプ 車検(法定24ヵ月点検)にてご入庫です

早速ピットにて診断から進めていきましょう!

DSC00657

DSC00658

お車を点検していくと、エンジン等は問題ありませんでしたが、

足廻りのNG箇所を確認・・・!

この年代のジャガーでは定番ですが、足廻り各部に使われているブーツと

呼ばれる関節の保護材が各部切れてしまっています

機能的にも良くないですし、何より車検に合格できません!

要修理ポイントです

 

お客様にお見積りを確認して頂き、ご了解を頂きましたので修理を進めていきます

DSC00660

このジャガーXJ(X350)、Sタイプの足廻りブーツ切れ作業、

当店ではブーツのみの交換を行う事が出来ます!

そして実は非常に作業実績が多かったりします

ただ今まで特にブログ等にはUPせず、ご入庫頂いてから裏メニュー的な扱いで

作業を行っていましたが、風のうわさを聞きつけて!?非常に多く

お問い合わせ頂くので今回から正規メニューとしてご案内いたします笑

 

と言う訳で作業スタートです

まずはアーム自体を車両から外していきます

DSC00663

DSC00680

アームを外すと切れているブーツが見えてきます

ジャガーのブーツは写真の様に形もとどめない程グチャグチャに劣化してしまいます

この様なブーツを使っているジョイントが前後とも足廻りの各部に使われています

 

ちなみに正規のパーツですと部品の供給はアームAssy(丸ごと)のみ・・・

これが1本20万円ぐらいするものもあるので、ディーラーさん何かで複数のアーム交換

になるとあっという間に100万円オーバーの見積もりが出てきます

DSC00664

DSC00668

これを当店ではブーツ単体で交換できますので、費用はグッとお安くできます

殆ど粉に近くなっていますが、古いブーツを除去し、内部にグリースを充填

新しいブーツを取り付けます

 

よくある汎用のブーツではなく、特注サイズのジャストフィットのブーツを

取り寄せていますので確実にリペア可能です

DSC00679

DSC00682

こちらはリアのアッパーアーム、同じようにブーツ切れを起こしているので

先ほどと同様古いブーツを外し、グリスを詰めて、新たなブーツを取り付けます

DSC00673

DSC00670

DSC00674

こちらはリアのテンションロッドと呼ばれるパーツです

こちらも単体リペアは出来るのですが、純正のパーツもさほど高くないので

丸ごとの交換をおススメしています

 

DSC00688

各部先ほどの単体リペアとパーツ交換を織り交ぜて修理していきます

その他オイル交換など油脂類を交換して車検修理完了

無事車検取得を行い、ご返車させて頂きました

 

ジャガー ブーツ切れの高額見積りでお悩みの方単体リペア可能ですので

お気軽にご連絡下さい!

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.