HOME > 整備レポート > 輸入車修理 > BenzA180修理
 

BenzA180修理

メルセデスベンツ A180 W169 ブレーキ警告灯点灯修理 ブレーキパット交換

DSC_4143

メルセデスベンツ A180 W169 ブレーキ警告灯点灯にてご入庫です

メーター上にパット摩耗とエラーメッセージが出ています

 

早速ピットにて点検・修理を進めていきます

DSC_4146

お車をリフトアップし、タイヤを外して診断していきます

診断の結果、やはりブレーキパットが摩耗し、残量を測定するセンサーが

反応していました

通常通り減っていたブレーキパットを交換すれば修理もOKです

DSC_4148

写真赤丸部、ブレーキパットに縦に刺さっているものがパットセンサーになります

この中に配線があり、パットと共に削れ配線が露出すると反応する仕組み

になっています

 

この写真でも削れているのが分かると思います

話はそれますが「センサー反応前なら交換しなくで大丈夫でしょ?」とご質問

受ける事がありますが、答えはNOです

確かに理論的には再利用可能ですが、高温になるパットに取り付けられている樹脂の

パーツですから非常に劣化しています

触るだけでポロッと砕けてしまう事が殆どです

ですのでよほど特殊な事情が無い限りは必ず同時交換を行います

DSC_4145

DSC_4144

今回は同時に摩耗していたブレーキローターもセットで交換します

ブレーキパットと削れていたセンサーも交換すれば作業完了!

 

無事警告灯も消灯しましたので、各部確認後ご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

☆キャンペーンの詳しい情報はコチラから!☆

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.