HOME > 整備レポート > 輸入車修理 > BenzV350修理
 

BenzV350修理

メルセデスベンツ V350 W639 パワステオイル漏れ修理 リビルト交換

DSC_1907

メルセデスベンツ V350 W639 パワステオイル漏れにてご入庫です

一度ディーラーで診てもらった際、かなり高額な事を言われてしまい

困っているとの事です・・・!

 

早速ピットにて診断を進めていきます

DSC_1908

DSC_1909

リフトアップしてみると右側足廻り辺りがオイルで濡れています

(写真上赤丸部)

漏れている跡を辿っていくと、写真下赤矢印部ラックブーツと呼ばれる

パーツからオイルが漏れ出ています・・・

これはアウト!これはVクラス等に多いですがラックと呼ばれるパーツ

からのオイル漏れになり、結構金額が行ってしまう箇所です

DSC_1916

DSC_1919

お客様にお見積りを確認して頂き、ご了解を頂きましたので修理を

進めていきます

今回オイル漏れの原因だったラックはハンドルを回す動きからタイヤを

実際に切る左右運動に変換するパーツになります

実際には更にパワステを機能させる為にラック内部にはパワステオイルが

循環しています

今回はこの部分からオイルが漏れていたという事です

 

ラックはエンジンとフレームに挟まれる様に取り付けれていますので、

写真の様にエンジンとフレームをそれぞれ支え、浮かせた状態にして

隙間から抜いていきます

DSC_1920

外したラックのブーツを外してみると、漏れていたパワステオイルが

物凄い量出てきました

本来ここにはオイルは無いのは正常です

 

修理にお金が掛かる箇所ですが、漏れた状態で放置しオイル不足で

無理してしまうと今度はポンプまで焼き付いてしまいますので

早めの修理が大切です!

DSC_1917

今回はリビルト(中古再生品)のラックにて修理を行います

リビルトでのそれなりの金額ですが、純正新品で修理するより遥かにお安く

修理可能です!

 

新たなラックを取り付け、パワステオイルを充填すれば作業完了です

無事オイル漏れも止まりましたのでご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2018’ kobayashi- motors All Rights Reserved.