HOME > 整備レポート > ダイハツ修理 > ダイハツハイゼット修理
 

ダイハツハイゼット修理

ダイハツ ハイゼット クラッチ滑り修理 クラッチ交換

DSC_1027

ダイハツ ハイゼット クラッチ滑りにてご入庫です

症状としてはギヤを入れてアクセルを踏んでも回転数だけ上がってしまい、

車が進もうとしません

典型的なクラッチ滑りの症状です

こうなってしまうと、自走はまずできませんのでロードサービス等で

修理工場に運んでしまいましょう!

 

それでは早速ピットにて診断を進めていきます

DSC_1042

DSC_1031

点検を進めていきますが、実際にはクラッチはミッションを降ろさなければ

見る事もできません

ですので暫定的なクラッチ交換費用でお客様にご了解を頂いてからミッションを

降ろしていきます

 

このハイゼットは四駆のため、ミッション後部にトランスファーも取り付け

られています

通常(FR)のミッションよりやや大きめです

作業もその分少し大変ですが、それでもアッと言う間に降りてしまいます

DSC_1028

ミッションを降ろすと、クラッチとご対面です

実際に滑りの原因を診断していきます

DSC_1035

原因はシンプルにクラッチディスクの摩耗でした

写真は新旧の比較になりますが、赤矢印(新品)の方は溝がシッカリと

あるのに対して青矢印(旧)の方は溝が無いのが分かると思います

これはこの溝の高さまでディスクが摩耗してしまっている為です

ブレーキパットが削れて無くなってしまうのと同じような状態です

DSC_1034

原因が分かれば早速修理を進めていきます

クラッチは摩耗していたディスクの他、カバー、レリーズベアリングの

3点セットで交換を行います

DSC_1033

ミッション側は削れたクラッチディスクのダスト(粉汚れ)で真っ黒

ですので綺麗に清掃し、各部グリスアップしてから組み付けていきます

DSC_1040

新たなクラッチキットを組み付ければ修理OK!

降ろしていたミッションを搭載すれば作業完了です

 

無事、滑りも無く通常通り走行できるようになりましたので

ご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2018’ kobayashi- motors All Rights Reserved.