HOME > 整備レポート > 輸入車修理 > VWゴルフ6修理
 

VWゴルフ6修理

VW ゴルフ6 冷却水漏れ修理 ウォーターポンプ交換

DSC_2078

VW ゴルフ6 冷却水漏れにてご入庫です

お車は1週間程度で冷却水(クーラント)のリザーブタンクが

空になってしまうとの事です

 

それでは早速ピットにて診断を進めていきます

DSC_2079

まずはエンジン上側から診ていきます

確かにリザーブタンクは既にカラッポですね!

しかし上側からは特に漏れは確認できませんでした

続いては下側から点検を進めていきます

DSC_2082

下側を確認するとエンジン下部に冷却水が滴っています

やはやりどこからか漏れているのは確実です!

DSC_2083

クーラントが漏れて、伝っているのを逆に上流側へ追いかけていき、

漏れの発生源を特定していきます

点検の結果、エンジン奥側のウォーターポンプから漏れているのを確認する

事が出来ました

写真では解りずらいですのが、写真赤矢印部がウォーターポンプになります

DSC_2089

DSC_2090

このエンジンはウォーターポンプだけが単体で取り付けられている

タイプでしたので、単純にウォーターポンプのみを交換すればOKです

 

VW系で多いタイミングベルト搭載車ですと、タイミングベルトで

ウォーターポンプを駆動していますので修理も金額が張ってしまいます

 

ウォーターポンプ交換後、冷却水を充填すれば作業完了です

無事漏れが止まった事を確認しご返車させて頂きました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・社外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース株式会社
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
リサイクルパーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.