BMW320i修理

BMW 318i E46 窓落ち修理 リアウィンドレギュレーター持込み交換

DSCF2284

BMW 318i E46 後ろ側の窓落ち症状にてご入庫です

今回はお客様の方でパーツもご準備頂いてのご入庫ですので

早速修理を進めます

DSCF2283

既に窓は一番下まで落ちてしまっている状態です

応急的にビニールで雨を凌いでる状態です

DSCF2285

この様な症状ですのでほぼ100%ウィンドレギュレーターの不良だと

思われます

何れにしろ、まずはドアトリム(内貼り)を外して点検を進めていきます

DSCF2286

ドアトリム(内貼り)を外すと全面に張られた防水シートが見えます

グレーのスポンジ状のシートです

BMW系ではこれが雨漏りの原因になる事もあり少し厄介なシートです

ドアの中を見る為にはこのシートも剥がしていきます

DSCF2287

ここまで来るとドア内部の窓の開閉や鍵の開閉といったシステム部分が

見えてきます

DSCF2288

パワーウィンドシステムを点検していくと、予想通りレギュレーターの

不具合を確認する事が出来ました

本来は写真の白いローラーに綺麗に巻き取られているワイヤーが、ワイヤーが

切れた事でほつれてしまい凄い状態です・・・!

このワイヤーの動きで窓を上下させているので、これでは当然窓は

上がりませんね!

DSCF2292

レギュレーターを外してみるとワイヤーがプッツリ切れています

本来は写真赤丸部の先にもワイヤーが続いています

DSCF2291

お客様のお持込みのウィンドレギュレーターに交換を行います

小林モータースは持込みパーツも大歓迎です

 

ドレスアップ等でない、機関系の持ち込みパーツでの修理も可能ですが

下記を含む注意事項が御座います

その点だけご了承下さい

※持込みパーツの注意事項

1工賃は持込み料金の為、通常より割り増しになります

2パーツ不良、商品違いの為うまく取り付けられない場合でもそれまでの

分解工賃、点検工賃を頂きます

3お持込みパーツでの保証は一切ございません

DSCF2294

お客様のお持込み頂いたのは社外製のウィンドレギュレーターです

ご依頼があればお取り付けしますが、当店では基本的にはウィンド

レギュレーターの社外品はお勧めしていません

 

社外レギュレーターはネット等でかなり安く売られていますが、

写真の様に純正と見比べると違いが分かります

写真赤矢印部、純正の方は金属をカマボコ状に膨らませたり、

角を折る事でフレームの剛性を上げている一方

社外品の方はコストダウンする為にかなり簡素な造りになっています

僅かな差ですが、この剛性の差が窓の動きに影響が出る場合もあります

レギュレーター社外品を検討中の方は参考までに・・・!

 

話が逸れましたが、新たなウィンドレギュレーターを組み付け、

分解していたドアトリム等を元に戻せば作業完了です

無事にパワーウィンドも復活しましたのでご返車させて頂きました

パーツ持込み修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.