HOME > 整備レポート > レクサス修理 > レクサスGS350修理
 

レクサスGS350修理

レクサス GS350 ブレーキキーキー音 パット交換修理

DSCF0616

レクサス GS350 前ブレーキよりキーキー音がするとの事でご入庫です

恐らくブレーキパットの残量不足による音だと思われます!

それでは早速ピットにて点検から進めます

DSCF0618

車をリフトアップしタイヤを外し点検を進めます

当初の見立て通り、やはりブレーキパット残不足でした

 

このGS350は輸入車の様な電気的なブレーキセンサーでは無く、

通常の国産車と同様、ブレーキ残を音でお知らせするウェアインジケーター

と言う機械的なセンサーが取り付けられています

国産車でキーキー音「ブレーキ鳴きかな?」と思ったら残量不足を

疑ってみて下さい

DSCF0621

DSCF0623

修理はもちろん残量が無くなってしまったブレーキパットの交換を

行います

対向キャリパーですからブレーキ上側を分解してブレーキパット交換

します

新品と見比べると残量が無い事が一目瞭然です

 

新たなブレーキパットを組み付ければ修理完了

無事異音も消えました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
リサイクルパーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.