HOME > 整備レポート > 輸入車修理 > BenzE350修理
 

BenzE350修理

メルセデスベンツ E350 W211 エンジンチェックランプ点灯修理

DSCF0772

メルセデスベンツ E350 W211 エンジンチェックランプ点灯にてご入庫です

症状としてはチェックランプが点灯したままですが、特に乗っている上で不具合は

感じないとの事です

それでは早速ピットにて診断を行います

DSCF0777

写真の様にメーターにはエンジンマークの黄色い警告灯が点灯しています

DSCF0744

まずはテスターにてコンピューター診断から進めていきます

今回の様に警告灯が点灯している場合には間違いなく何かしらの異常を

コンピューターが感知していますので、テスターにて診断を行えば車両の

コンピューターが記憶している不具合を読み取る事ができます

 

今回は診断の結果「エンジンに入る空気とガソリンの比率がおかしい」

というエラーが残っていました

DSCF0776

その後も診断を続けていくと、エンジンに入る空気の量を計測している

「エアマスセンサー」と呼ばれるセンサーの不良を発見する事ができまいた

今回はこのセンサーが警告灯の原因です!

取り付け場所はエンジンカバーの奥、丁度矢印部になります

比較的簡単な位置に取り付けられています

DSCF0773

DSCF0774

取り外したエアマスセンサー

丸い筒状のパーツになります 筒の中に飛び出してる部分が実際センサー部

になります

この部分に空気が当たる事によって空気の量を計測しています

 

今回はこのセンサーを交換にて修理を行います

純正ですとかなり高額なパーツですのでOEMパーツを使用しなるべく

お安く修理します

このEクラスに限らず、輸入車全般でトラブルの多いセンサーです

DSCF0780

DSCF0781

センサー交換後、再びテスターにて車輌に残されているエラーコード

を消去して作業完了!

無事にエラーも消去出来ましたし、エンジンチェックランプも消灯しました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.