BMWX5修理

BMW X5 E53 運転席パワーウィンド不良 レギュレーター交換

IMGP2304

BMW X5 E53 運転席窓が動かないとの事でご入庫です

症状としては窓を開けた際にガラガラと異音がして、その後全く動かなく

なってしまったとの事です

それでは早速ピットにて診断作業を進めます

IMGP2305

運転席側のドアトリム(内貼り)を取り外して診断を行います

今回の場合はガラガラと異音がしてから症状が発生しているので

ほぼレギュレーターの破損で間違いないと思いますが、そうでない場合

にはスイッチ、モーター、コントロールユニット、配線等

意外と原因となり得るポイントが多いです

ですのでしっかりと点検を行わないと無駄な箇所を交換してしまう

と言う事になりかねません!

IMGP2310

ドア内貼りを外して点検を行うと、当初の見立て通り窓の上下運動を作り出す

レギュレーターと呼ばれるパーツの不良を確認する事が出来ました

パワーウィンドの故障では最も多い原因箇所ですね!

IMGP2309

写真赤丸部のパーツが破損し、本体から外れてしまっています

本来は写真に写る黒いレールに取り付けられていなければならないパーツです

この部分は実際に窓を支えるパーツですのでこの状態では当然窓は動きません

IMGP2307

今回は写真に写るウィンドレギュレーターを交換します

モーターは生きているので古い方から再使用します

IMGP2306

最後にBMW特有のスポンジタイプのインシュレーターも交換します

ドア内側に写っているグレーのスポンジがそれです

この位の年式のBMWでは殆ど使用されているパーツですが、これが

劣化する事で室内に雨漏りを起こすのが定番のトラブルです

特に今回の様にドア内部の作業後にはしっかりと後処理をしてあげないと

雨漏れに繋がりますのでシビアに組み付けていく必要があります

 

レギュレーターとインシュレーターシートを交換後、ドア内貼りを

組み付けパワーウィンドの初期化雨漏り点検を行えば作業完了です

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.