HOME > 整備レポート > ニッサン修理 > 日産セレナ修理
 

日産セレナ修理

日産 セレナ CVT不良 変速出来ない修理 バルブボディー交換 松戸市

IMGP1678

日産 セレナ CVT不良にてご入庫です

症状としては普通の時は全く問題なく走行できるが、時々変速しなくなり、

ローギアーのままの様な状態になってしまうとの事です

早速ピットにて点検を進めていきます

IMGP1644

テスター診断を行うとCVT内部にあるソレノイドバルブに関するエラー

が入力されていました

症状から見てもこのソレノイドバルブが原因でありそうです

ですが日産からはソレノイドバルブ単体のパーツ供給がありません・・・!

今回はソレノイドバルブが含まれるバルブボディーAssyの交換で修理を

進めていきます

IMGP1645

バルブボディーはCVTの内部にありますので交換には多少下準備が必要です

まずはCVTオイルを抜き取り、CVT下部のカバーであるオイルパンを

取り外します

IMGP1646

オイルパンを取り外すと今回の主役のバルブボディーが見えてきます

凸凹したメカニカルな部分がバルブボディーになります

バルブボディーはCVTの作動の指示を出す司令塔の様な役割を担っています

IMGP1661

交換するバルブボディーを取り外しました

取り外した更に内部には実際に駆動力を伝えるプーリーやベルト等

CVTのキモの部分が隙間僅かに見えますね

IMGP1663

今回交換したバルブボディー

取り付け部を綺麗に清掃した後、新たなバルブボディーを組み付けます

バルブボディーを取り外す為に取り外したオイルパンまで組み付ければ、

最後に抜けてしまっているCVTオイルを規定量充填して作業完了!

試運転を行いましたが、無事に変速不良の症状も無くなり快適なドライブ

が出来る様になりました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.