HOME > 整備レポート > トヨタ車検・点検 > トヨタセリカ車検
 

トヨタセリカ車検

トヨタ セリカ 車検 ブレーキオーバーホール修理

IMGP2003

トヨタ セリカ GT-FOUR 車検(法定24ヵ月点検)にてご入庫です

今回は通常の車検のほか、ブレーキの引きずり修理もご用命頂きましたので

車検点検と同時に診断していきます

それでは早速ピットにて点検を行います

IMGP2008

IMGP2007

まずはご依頼頂いていたブレーキの引きずりから点検を行います

ブレーキ廻りを分解、点検するとサビによってキャリパーが固着していました

お客様とご相談の結果、今回は4輪全てのキャリパーをオーバーホールする

事で修理を行います

 

写真でも分かる通りキャリパー内部のピストンにもかなり錆が発生して

いました

この様にキャリパー内部に錆が発生するとキャリパーの動きが悪くなり、

今回の様な引きずりやブレーキの利きが悪くなってしまいます

IMGP2013

幸いにもサビは金属内部には進行しておらず、清掃する事で綺麗に

落とすことが出来ました

錆が酷くになると表面がボコボコになるほど侵してしまい、キャリパーピストン

が必要になってしまうことも・・・

どんな修理でも早めの修理がやっぱり安く上げるポイントですね!

綺麗にしあた後は、内部のゴムパーツを新しいものに交換し、組み立てて

いきます

IMGP2019

IMGP2022

リアキャリパーも同様に、一度分解洗浄した後、ゴムパーツを交換し

組み立てていきます

これで引きずりも解消され、ブレーキタッチも良くなります

IMGP2033

今回は引きずり症状の為、異常に摩耗してしまっていたブレーキパット

も同時に交換を行います

引きずり症状はずっとブレーキを踏んだまま走行しているのと同じ事です

ので、引きずりを起こしたまま放置してしまうとブレーキパットもあっと

いう間に無くなってしまいます

IMGP2024

IMGP2035

その他、通常の車検点検整備としてはエアクリーナーやバッテリーの交換

など定期交換部品の交換を行います

最後にエンジンオイル、ブレーキフルードと油脂類の交換を行えば

全て作業完了です

 

多少年式が古いお車でも、しっかりメンテナンスしてあげれば

まだまだ長く乗れますね!

車検・点検の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.