HOME > 整備レポート > ホンダ修理 > ホンダステップワゴン修理
 

ホンダステップワゴン修理

ホンダ ステップワゴン ブレーキ異音修理 パット交換

IMGP1639

ホンダ ステップワゴン ブレーキからキーキー異音でるとの事でご入庫です

症状としてはブレーキを踏まない状態でも車が動いている間はキーキーと異音が

でています

おそらくブレーキパット不足によるセンサー音が原因だと思われます

まずは早速ピットにて診断を行います

IMGP1640

車をリフトアップしタイヤを外してブレーキパットの残量を確認して

いきます

IMGP1641

ブレーキパットを外すとやはり全く残量がありませんでした

残量は1mm有るか無いかです

勿論、要交換ですね!通常であれば2~3mmぐらいで交換するのが安心です

IMGP1642

国産車の場合多くの車種では「ウエアインジケーター」と呼ばれる

金属タイプの残量センサーが取り付けられています

写真に写る金属の板の様な部分がセンサーになります

パットの摩耗が進み、パットと同じ高さになるとパットと同時にローターに

センサーが当たる様になります そうすると金属がこすれる「キーキー」と

いう異音がでてドライバーに残量不足をお知らせするシステムになります

 

修理はブレーキパットを交換すれば完了です

勿論、異音も無事に収まりました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.