BMWMINI修理

BMW MINI R52 持ち込みブレーキパット・ローター交換

imgp9759

BMW MINI コンバーチブル R52

持込みブレーキパット・ブレーキローター交換にてご入庫です

早速ピットにて作業を行います

imgp9743

車輌をリフトアップし、タイヤを外しチェックを行うと本当にピッタリ

交換時期です

写真の赤矢印が摩耗してしまっているブレーキパット 残量1.5mm程度です

青矢印部はパットと同時に摩耗するブレーキローターです

ブレーキパットが当たらない外側部だけもとの厚みのままですので、

写真の様にフチが立ってしまいます

こうなってしまうとローターも同時交換になります

ローターも摩耗限度を超えるといきなり割れを起こすケースがあるので

国産車とは違い、要注意ポイントです

imgp9750

それでは作業を進めていきます

ブレーキを分解してブレーキパットを取り外します

写真は外したブレーキパット

写真に写る青線がブレーキパット全体の厚みになりますが、

よく言われる「ブレーキパットが後何mmです」とは赤線の長さの事を言います

青線はブレーキパットの土台となるベースの座金を含んだ厚みですので、

実際にブレーキパットとして使える厚みは赤線部分のみになります

ですので写真のブレーキパットで言えば残量は後1.5mm程度と言う事になります

新品ですと赤線部が10mm前後あります

imgp9744

ブレーキローターも取り外して新品をお取り付けます

写真はリアが側になりますが、フロント側も同様です

当然新品ですので先述したローターの摩耗はありませんので

フチまでフラットな高さになっているのが分かると思います

imgp9745

お持込み頂いたのはノーマル性能で低ダストのタイプです

走りを求めるならスポーツタイプのパットをチョイスしても面白いですね!

imgp9752

ブレーキローター・ブレーキパットを組み付けてフロント側完了です

今回は既にパットセンサーが反応するまで削れていましたので

パットセンサーも同時交換です

基本的にパットセンサーは削れていなくても交換時に破損してしまうケース

も多いので同時交換をお願いしています

imgp9754

同様にリア側も作業を仕上げていきます

MINIのリアブレーキはサイドブレーキ兼用タイプのキャリパーですので

通常の交換より少し手間が掛かります

最後にブレーキフルードのレベル調整を行い作業完了です

パーツ持込み修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
リサイクルパーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.