HOME > 整備レポート > 輸入車修理 > ジャガーSタイプ修理
 

ジャガーSタイプ修理

Jaguar Sタイプ Pから抜けない シフト動かない修理

imgp9066

ジャガー Sタイプ シフト不良 パーキングから抜けない症状にて

ご入庫です

Pから完全に抜けないので、エンジンは掛かりますが前にも後ろにも進め

無い状態です 今回はキャリアカーにてご入庫になります

imgp9071

とにかく動けない状態では話にならないので診断も兼ねてセンターコンソール

廻りを分解していきます

ここまで分解すると強制的にシフトロックを解除できましたので

車輌をピット内に動かします

前期のSタイプはX308型のXJと同じシフトユニットでしたので、国産車の様

にシフトロック解除ボタンが付いていましたが、

後期になってからX350型のXJに近い作りになった為、シフトロック解除ボタン

が無くなってしまいました このようなトラブル時に不便です

 

同時に診断も進めていきます

現車はブレーキを踏んだ時に本来解除されるシフトロックソレノイドが

作動しない事でシフトがパーキングから抜けない事が分かりました

ブレーキを踏まないでシフトを動かそうとしているのと同じ事です

当然シフトは動きませんよね!

症状の把握は確実に行えましたので、続いてなぜシフトソレノイドが

動かないか?という部分の原因診断していきます

imgp8897

テスター診断を行うと、シフトコンピューターと通信が出来ないという

旨のエラーが入力されていますが、それだけの情報だけは原因は

確定できませんので、実測値診断を使って車両の状態を細かく分析し

原因を絞り込んでいきます

imgp9068

診断の結果 シフトコントロールユニットAssyの不良が見つかりました

輸入車の場合、例えば写真の様なシフトレバーやメーター、シートなども

それぞれが一つの単体的なパーツではなく、ユニット(コンピューター)

になっており、車両の様々なコンピューターと通信し合う事で独自に制御する

様な作りになっています

その為どうしても部品は丸ごと(アッセンブリー)交換になる事が多いです

輸入車の修理代が高額になってしまう原因の一つです

 

今回はそれでもシフトユニットを中古パーツで交換修理する為、新品を使用する

より大分お安くする事ができました

imgp9070

センターコンソールを完全に分解し、シフトユニットを取り外します

imgp8896

中古のシフトユニットAssyを組み替えて、センターコンソール、

ウッドパネル等を戻して作業完了です

勿論シフトも無事に抜けるようになりました

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.