スバルレガシィ修理

スバル レガシー ドライブシャフトブーツ交換修理

imgp7277

スバル レガシィ ドライブシャフトブーツ切れ修理にてご入庫です

以前オイル交換でお越し頂いた際、ドライブシャフトブーツ切れを発見

したのでアドバイスさせて頂き、今回修理の為ご来店頂きました

imgp7280

切れていたのはフロント左側のドライブシャフトブーツです

写真の様に切れたまま放置すると、ブーツ内部のグリスが無くなり、

また混入した水分により関節部分に錆が発生

走行時の異音や振動の原因になります

ですので切れているのが分かれば、即修理をお勧めするポイントです

錆が出てしまうとAssy交換が必要になってしまいます

imgp7281

ドライブシャフトブーツ交換は本来であればドライブシャフトを一度

取り外して交換する為足回りを大きく分解する必要があり、

工賃も高額になりがちです

ですが最近は分割式と呼ばれるドライブシャフトを分解する必要が

無い製品も出ています

普通のタイプも分割タイプもどちらも対応可能です

imgp7282

今回はお安く急場凌ぎで、と言う事でしたので簡単な方のタイプで修理を行います

最後にブーツ切れの際に飛び散ったグリスを綺麗に清掃して作業完了です

今回は一般修理ですが、車検時はドライブシャフトブーツ切れは車検NG項目ですので

修理が必須になります

修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら 小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
中古パーツ・リビルトパーツ・車外パーツを
使った修理もお任せ下さい
お客様からのご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


修理
コバモのお勧めメニュー
点検・診断
車両販売
国産車検
輸入車車検
設備紹介
取扱いブランド
コーティング
ボディリペア
持ち込みパーツ
多彩な修理パーツ
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2022’ kobayashi- motors All Rights Reserved.