HOME > 整備レポート > 輸入車修理 > BenzS500L修理
 

BenzS500L修理

メルセデスベンツ S500L W211 エアサス故障 持ち込み修理

imgp8371

Benz Sクラス W221 エアサス不良にてご入庫です

W220 W221 W211 W219辺りだと定番のトラブ箇所です

imgp8300

まずは診断から行います

一口にエアサス故障といってもコンプレッサー、バルブボディー、ショックアブソーバー等

原因箇所は様々です

imgp8299

ベンツのエアサス診断でもテスター診断機が必須です

テスターにてエアサスの実測値を見ると右フロントが明らかに異常な値になっています

ですので右フロントを中心に点検を進め、右フロントショック本体のエア漏れを

発見できました これで原因確定です

imgp8372

原因が判明しましたので修理を行います

修理は原因だった右フロントのエアサスを交換していきます

まだ症状が出始めの内にご来店頂いたので、今回はショックのみの交換で大丈夫です

エアサス落ちのまま乗り続けると車輌側は「落ち」をリカバリーしようとし続けますので

コンプレッサーやリレーに二次被害が出るケースが多いです

imgp8373

今回はお客様のお持込みで社外の新品ショックに交換を行いました

輸入車も持込みパーツ歓迎です!

ですが社外パーツも外国製品ですので「安かろう悪かろう」がダイレクトに品質としてでます

ご購入時にはそれなりの値段(安すぎないもの)を選んで頂けるといいと思います

中には社外品のコピー品が出まわっているという噂もあるようです

交換後はテスターにてエラー消去、初期設定、気密テストなどを行って作業完了です

パーツ持込み修理の詳しい情報はコチラをご覧ください

 

 

千葉県松戸市の修理工場なら小林モータース
国産車・外車、メーカー問わず修理可能です
お困りの際は是非ご連絡をお待ちしています

小林モータース
047-387-0398
千葉県松戸市五香2-3-2
9:00~19:00 水曜定休


リサイクルパーツ
持ち込みパーツ
国産車検
輸入車車検
修理
車両販売
コーティング
ボディリペア
車の手続き
事故・保険

小林モータースお電話でのお問い合わせ047-387-0398
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright© 2016 – ‘2019’ kobayashi- motors All Rights Reserved.